Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の月食スタートアップiSpace2024のシリーズ2着陸船を明らかに

月面でのシリーズ2貨物月着陸船のレンダリング。

間隔

日本の月探査の新興企業であるiSpaceは、コロラドにある米国の子会社によって開発されている間、次世代の貨物着陸船を発表しました。

「月面でのペイロードの需要が増加しています。NASAのアルテミスプロジェクトはその大きな部分を占めていましたが、将来を見据えており、その市場にサービスを提供できる輸送サービスをどのように構築できるか」とIspace氏は述べています。米国のCEO、カイル・アシエルノ氏はCNBCに語った。

同社は月曜日の夜に新しい着陸船を発表した。

「私たちはこれらのスキルを開発しました。これにより、北米、そして世界中で民間、ビジネス、科学の仕事に役立つことができます」とAsierno氏は述べています。

シリーズ2と呼ばれる新しいランダーは、2022年と2023年の最初の2つのミッションのためにiSpaceによって構築されたものよりも大きくなります。 2024年にシリーズ2で最初のアイスペースミッションを開始することを目指して、米国で製造および発売され、同社はドロッパーおよび一般原子力電磁システムと提携してシリーズ2を開発しました。

これまでに、iSpaceは1億9500万人以上を調達し、投資家は日本政策投資銀行、スズキモーター、日本航空です。 同社には、最近設立されたデンバーオフィスの30人を含む、世界中に150人以上の従業員がいます。

キルステン・オニール(左)、アメリカン・ランダー・プログラム・ディレクター、カイル・アシエルノ、米国CEO。

間隔

iSpaceシリーズ2ランダーは、高さ9フィート、幅14フィートで、最大500キログラムの表面または最大2,000キログラムを月の軌道に送ることができます。 着陸船は3つの異なる場所で「多種多様なペイロードに対応する」とIceSpaceプロジェクトディレクターのKurstonO’NeillはCNBCに語った。 着陸船の上部はペイロードを収めるのに十分な「ピックアップトラックのサイズ」であり、中央のボックスは「冷蔵庫のサイズ」であると彼女は言いました。

Icebaseは月への飛行に対して顧客に請求される価格についてコメントを控えたが、オニールは市場の他のオファーと「より競争力がある」と述べ、「複雑さが増すにつれて価格も上がる」と述べた。

シリーズ2は、地球上で約14日間続く月の夜の霜から逃れるように設計されています。

「月の夜の生存 [is a] …このサービスは、月の市場全体で広く利用できるわけではありません」とオニール氏は述べ、シリーズ2の最初のタスクは、月の日に住むことを計画し、月の夜の生存を実証することであると付け加えました。

「それは月の風景を理解する私たちの能力を大いに拡大し、それを多くの月の日と冬の夜に表面上で生き残るようにするでしょう」とオニールは付け加えました。

USSpaceは、着陸船の精密着陸およびリスク回避技術を組み込んだシリーズ2の予備設計レビューを7月2日に完了しました。

シリーズ2カーゴルナランダー。

間隔

オニールはシリーズ2に応えて「今後5年から10年の軌道に乗っている」と述べ、アシエルノ氏はNASAのアルテミス月プロジェクトは「本当に市場を成長させるだろう」と述べた。

「今後数年間で、さまざまな業界から、研究にもっと関与するきっかけが見つかると思います」とアシエルノ氏は述べています。

より良い投資家になる CNBCプロ
株式の選択、アナリストの電話、独占インタビュー、CNBCTVにアクセスします。
開始するには登録してください 今日の無料トライアル

READ  米ドル/円の売り手は、財務省の利回りが低い中、日本のGDPを110.00未満に抑えています。