Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の札幌で爆発した後、クマが射殺された| 日本

日本北部の札幌市を通過する際、ハンターがヒグマを撃ち殺し、兵士を含む4人を負傷させた。

札幌の当局は金曜日、クマが「破壊された」と地元のテレビ局がクマが密猟者に撃たれたと報じたとツイートした。

以前の劇的なニュース映像では、クマが住宅街を支配し、混雑した道路を横断し、軍のキャンプの門を握りしめ、パニックに陥った兵士を散乱させていました。

8月にオリンピックマラソンとレースイベントを開催する熊害で1人の兵士が負傷しました。

札幌のゆるいヒグマ 写真:ジジプレス/ AFP /ゲッティイメージズ

別の犠牲者がクマに後ろから攻撃された後、彼を攻撃した、とテレビの映像が示した。 その人は担架で運ばれた。

NHKは、この怒りが地元の学校の閉鎖と小さな地方空港でのいくつかのフライトのキャンセルを引き起こしたと述べた。

以前、政府のスポークスマン、勝信ガドは北海道地域の人々に警戒するよう警告した。

「国防軍のメンバーを含む合計4人がヒグマに襲われ負傷した。 心よりお見舞い申し上げます。」

「札幌市の職員、北海道警察、地元の狩猟協会などの関係機関が現場にやって来て、ヒグマを捕獲したり、必要に応じて破壊したりする取り組みを調整しています。」

NHKによると、犠牲者の1人は40代、1人は70代、もう1人は80代であり、4番目の詳細は明らかにされていない。

ツキノワグマは本島を含む日本の大部分に属しており、ヒグマは北海道の北を歩き回っています。

日本クマ野生生物協会は、野生のクマが食物を探している間に人間が住む地域で多数発見されると警告しました。

READ  IARシステムズが原部かすひさを日本の新しいカントリーマネージャーに任命