Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の柔道家が東京で「メダルレース」を狙う

柔道-世界柔道選手権-66kg未満の男子-準決勝-日本武道館、東京、日本-2019年8月26日日本の丸山城志郎と日本の阿部一二三が競います。

東京(ロイター)-日本の柔道家は東京オリンピックでメダルを争うことが期待されており、日本生まれのスポーツに対する自国の優位性をファンの喜びに確固たるものにしている。

東京で開催された2019年世界バドミン選手権では、柔道選手が5個の金メダルを含む合計16個のメダルを獲得し、2位のフランスが6個と3個の金メダルを獲得しました。

日本の柔道家は、1964年の東京オリンピックで柔道競技のために建てられた武道館で柔道の試合が行われるときに、柔道マスターの大野将平が率いる大会でこの偉業を繰り返す準備ができているようです。

COVID-19のパンデミックにより、ビートルズ、ローリングストーンズ、チップトレックなどのロックスターのコンサート会場として知られる武道館や武道館への立ち入りが禁止される場合があります。

このような中、小野は男子73kg級で最も競争力のある体重別階級で2年連続のオリンピック金メダルを目指しており、主なライバルはリオ2016で銀メダルを獲得したアゼルバイジャンのルスタム・オルゴフだろう。

最も有望な家庭柔道家の中には、阿部一二三兄弟と宇田兄弟がいます。

2度の世界チャンピオンであるひふみは、1度のスリラーでチームメイトを破った後、66kg級の男子オリンピックのポジションを奪いました。

彼の妹の太田は、過去3年間で、2019年にフランスのアマンディーヌブシャールに1回だけ負けて、52kgクラスの最後の2つの世界タイトルを獲得しました。

フランスは、シングルスの試合と、大会でデビューする混合チームのイベントで、ホーム柔道に真剣な挑戦をする準備ができているようです。

ダブルオリンピックチャンピオンのテディ・レナー(32歳)は、日本の柔道界の偉大な野村忠宏の記録に匹敵する3連覇を目指して、ヘビー級の歴史を築くことを目指しています。

フランスの女子チームは特に力強く見え、5度の世界チャンピオンであるクラリスアペグノは彼女の最初のオリンピック金メダルを獲得することを目指しています。

東京で必見の柔道は、48kg級で2度の世界選手権と1度のヨーロッパタイトルを獲得したウクライナのスター、ダリア・ペロディッドです。

東京2020大会では、オリンピック柔道メダルの獲得を目指し、個人競技から選抜された柔道3名と女子柔道3名のチームによる1つの混合イベントが開催されます。

(梶本哲史による報告、フェリスケンによる編集)

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  チェルシー0-4バルセロナ:UEFA女子チャンピオンズリーグ決勝進出者のレビュー| 女性のためのチャンピオンズリーグ