Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の柔道選手がパリグランドスラムの最終日に3つの金メダルを獲得

笹木咲、西井咲、長澤憲大が日曜日の国際柔道連盟のパリグランドスラムで金メダルを獲得し、日本はメダルテーブルのトップを獲得しました。

佐々木は男子81kg級タイトルを5回連続で獲得 エボン アコーホテルズアリーナでの決勝戦で、世界一のグルジアのタトゥグリガラシビリに勝利しました。

ニゾエはまた、女子70kg級タイトル獲得に向けて世界ナンバーワンを獲得し、タイトルマッチでクロアチアのバルバラマティッチを後押ししました。

長澤は男子90kg級決勝でロシアのハサン・ハルムルザエフをなんとか凌駕し、決定的な運命をたどった。 技あり 整理の最後の数秒で。

高山莉加は女子78kg級決勝でロシアのアレクサンドラ・バビンツェワに敗れた後、銀メダルを獲得しました。藤原宗太郎とオノ・ヨーコはそれぞれ男子81kg級と70kg級の女子カテゴリーで銅メダルを獲得しました。

今年の夏の東京オリンピックの参加者を含まなかった日本チームは、IJFイベントの第50版を、金7個、銀2個、銅2個で終えました。

グランドスラムは、新男子鈴木桂治の初の成功した大会でした。 元オリンピックと2度の世界チャンピオンは、今月初めに、その役割で9年後に引退した井上康生に取って代わった。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本国民はゲームをキャンセルするための請願書を提出します