Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の株は、より安いハイテク株に牽引されてわずかに上昇しました、COVID-19は最大の利益を測定します

東京(ロイター)-投資家が安価なハイテク株を急上昇させたため、金曜日の日本株は早期の損失を消し、上昇したが、COVID-19緊急措置の延長による回復の鈍化により利益は制限された。

日経は0207GMTまでに0.3%上昇して29419.23になり、より広範な東証株価指数は0.53%上昇して1937.56になりました。 木曜日の2週間で最大の上昇率を示した後、両方の指数はセッションの早い段階で下落しました。

三菱UFJモルガン・スタンレーのシニア投資アナリスト、藤戸典弘氏は、「昨日は市場が大幅に上昇したため、投資家は利益を計上するために株を売ったが、指数が下がるとすぐに掘り出し物、特にプラスの収益を上げたものを探し始めた」と述べた。 保証します。

「しかし、非常事態宣言の延長により日本経済が正常化するまでには時間がかかるのではないかと投資家が懸念していたため、利益は限定的だった」と語った。

日本政府は、コロナウイルスの増加を抑えるために、東京と他の3つの地域の非常事態を5月末まで延長しようとしています。

テクノロジーセクターは進歩し、投資家がチップメーカーの前向きな見通しを再検討したため、東京エレクトロンのヘビー級株は2.79%急上昇した。

半導体試験装置のアドバンテストサプライヤーは1.96%増加し、ロボットメーカーのファナックは0.94%増加しました。

一方、任天堂は、ゲームメーカーがスイッチコンソールの年間売上高が11.5%減少すると予測した後、2.52%を失いました。

日立は1.91%上昇し、トップ30の主要な同名トピックの中で最大の勝者であり、東京マリンホールディングスは1.64%上昇しました。

任天堂はTopix30の中で最もパフォーマンスが低く、ソニーが1.21%減少しました。

日経平均株価は168株でしたが、イージー株は57株でした。 (藤田淳子作成、クリシュナチャンドラエロリ編集)

READ  PS5ブラビアXRTVに最適なソニーポン引き