Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の株価は成長にもかかわらず依然として低迷している。 米国株は同時期に大幅な成長を記録した(アップデート 1)

日本の株価は成長にもかかわらず依然として低迷している。 米国株は同時期に大幅な成長を記録した(アップデート 1)

読売新聞
火曜日朝、東京・中央区で一時3万9400円台まで上昇した日本の日経平均株価がスクリーンに映し出された。

日本と米国の株式市場は史上最高値を更新し続けています。 長期的に見ると、米国の株価は10倍以上に上昇したが、東京証券取引所の日経平均株価は低迷を続けた。 最近の日本の株価上昇は主に海外投資と円安によるものです。 日本が大きく成長するためには、国内の旺盛な投資が日本企業の成長を支える「好循環」を生み出すことが必要です。

1989年と比べて35倍

日経平均株価は、1989年12月29日に樹立された38,915.87ドルという過去最高値を更新し、34年2カ月ぶりに終値での最高値を更新した。一方、米国のダウ工業株30種平均は2,753ドルから約14倍に上昇した。テクノロジーに焦点を当てたナスダック総合指数は、同じ期間にほぼ 35 倍に上昇しました。

大和総研の首席エコノミスト、小山内聡氏は数十年にわたる日本の株価下落について、「米国では多くの技術革新が起こり、その過程で台頭したIT大手が利益を上げてきた」と述べた。世界市場で。」 総務省によると、1995年の民間IT投資額を100とする指数で表すと、2021年の日本の民間IT投資額は191件と、1995年の2倍弱となっている。米国では同じ期間に、この期間は約 15 倍の 1487 年に増加しました。

このため、マイクロソフトなどの米国のIT大手は、 とアップル社今日の世界市場で。 1989年には、日本電信電話会社やアーバン銀行を含む日本企業7社が、時価総額で世界のトップ10企業に入った。

アメリカの半導体会社エヌビディア社は 1993 年に設立され、現在時価総額で世界第 4 位の企業であり、ハイテク株の急速な成長を支えています。 一方、日本に関しては、トヨタ自動車が24位と日本企業の中で最も高い。 トヨタの時価総額総額は約3000億ドルで、マイクロソフトの時価総額の約8分の1に相当する。

デフレ

1989年、日本はバブル経済を経験し、多くの日本株は実際の業績や経済状況に比べて過大評価されていました。 1991年にバブルが崩壊すると株価や地価が暴落し、日本経済は「失われた30年」の経済停滞期に突入した。 企業は投資を削減し賃金を引き上げたが、消費者は支出を削減しようとした。 その結果、日本はモノやサービスの価格が下落し、デフレの悪循環に陥った。

2012年12月に第二次安倍晋三前首相による第二次政権が発足すると、政府の積極財政政策と日銀の大規模な金融緩和政策により、市場に多額の資金が流入した。 日本の株式市場もようやく回復し始めています。

日本取引所グループの山路博美最高経営責任者(CEO)は月曜日、「日本はデフレから脱却しつつあるようだ」と期待を表明した。

読売新聞

「生産性が鍵です」

最近の株価上昇の主な理由は、昨年末以降の業績向上と経営改善により変貌を遂げた日本企業に対する外国投資である。 さらに、世界的な生成AIブームも半導体関連企業の株価上昇に貢献した。 円安の影響で日本株も割安感がある。 同時に、中国経済の減速を受けて、海外投資家は資金を中国から日本市場に移している。 国内外からより多くの投資家を呼び込むために、日本企業は変化し続ける必要がある。

ツタン・リサーチの加藤出氏は「米国では人口増加を背景に経済成長が続くと予想されており、投資家の同国への投資が促進されている」と述べた。 日本企業が収益力を高めるためには、人材育成などの戦略による生産性の向上が不可欠です。

READ  スリランカの銀行は、経済のデフレにもかかわらず、金利を引き上げ、インフレを目標としています