Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の株式はテクニカルサポートで急上昇し、週2%以上の上昇を記録するように設定されています

東京(ロイター)-金曜日の日本の株価は上昇し、ウォール街での夜間の上昇が収益シーズンの開始に伴いテクノロジーを多用する企業を後押しした後、週の終わりは2%以上上昇する予定でした。

しかし、ユニクロのオーナーであるファーストリテイリングは、同社が予想よりも弱い収益見通しを報告した後、日経平均株価を0.5%下落させた最大の足かせとなった。

ベンチマーク日経は0154GMTまでに1.05%上昇して28851.70になり、より広範なTopixは2010.22で1.17%上昇しました。

日経とトピックスは、3週間連続の損失の後、それぞれ2.9%と2.48%上昇し、最初の週次利益を計上する予定です。

立花証券の鎌田茂利リサーチゼネラルマネージャーは、「ハイテク株の上昇は、今日の市場に大きなエネルギーを与えている。オフショア企業の強い見通しにより、上昇している」と述べた。

「多くの日本企業も今年の予想を引き上げると予想されている。これは市場の追い風になるだろう」と語った。

ウォール街は前進し、モルガンスタンレーやユナイテッドヘルスなどの企業が好調な収益を上げた後、S&P500は3月初旬以来最大の1日あたりの上昇率を記録しました。

日本では、チップ製造装置メーカーの東京エレクトロンが1.8%増の日経平均株価に貢献しました。 ロボットメーカーのファナックのシェアは4.18%急上昇しました。

オーディオおよびゲームメーカーのソニーグループと電子センサーメーカーのキーエンスは、東証株価指数をそれぞれ1.59%と2.74%引き上げました。

家庭用品を100円で販売する人気チェーンのCanDoは、小売グループのイオンが入札を発表した後、注文が多かったため取引されなかった。

敗者の1つは、今年度の予想純利益を削減した後、3.57%減少した高島屋でした。

(藤田淳子による報告、エイミー・カレン・ダニエルによる編集)

READ  日本での東芝買収テスト