Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の株式市場はここ数十年ほとんど成長していない。 今では繁盛していますビジネスと経済

日本の株式市場はここ数十年ほとんど成長していない。 今では繁盛していますビジネスと経済

クアラルンプール、マレーシア – 何十年もの間、国際投資家は日本の株式市場を敬遠してきたが、そのわずかな上昇は日本の長引く経済停滞を反映していた。

最近では日本株が最も注目されており、日経平均株価は34年ぶりの高値まで上昇している。

1990年代の大規模な資産バブルの崩壊で日本が「失われた数十年」に苦しんだ後、東京のベンチマーク指数は昨年28.2%上昇し、米国のS&P500指数を余裕で上回った。

買いの熱狂が減速する当面の兆候は見られない。

1月には、海外投資家が1週間で9,560億円(65億ドル)相当の日本株を購入したため、日経平均株価はさらに8%上昇した。

一部の市場アナリストは、2024年に日本の株式市場がついに1989年のピークである3万8915.87ドルを超える年になる可能性があると考えている。

投資グループCLSAの日本ストラテジスト、ニコラス・スミス氏は、世界第3位の経済大国である日本にとって、これは「劇的な回復物語」だと述べた。

スミス氏はアルジャジーラに対し「収益性は低水準から急速に回復している。利益の伸びは力強く伸びているが、他の企業は低迷している。PERは比較的低く、成長率は高い」と語った。

「何が気に入らないの? 企業は多額の現金を株主に還元し始めている。

外国人投資家にとって、さまざまな要因が重なって、日本企業はここ数十年に比べてさらに魅力的に見えるようになった。

東京証券取引所が主導する最近のコーポレートガバナンス改革により、日本企業は自社株買いや増配を通じて株主利益の増加を求めるようになりました。

1990年代以来の安値で推移する円安は企業収益を押し上げ、国際基準から見てすでに割安な日本株の価値を高めた。

ウォーレン・バフェット氏は日本の株式市場に多額の投資を行っている [File: Bloomberg]

日本株の最も著名な支持者である億万長者の投資家ウォーレン・バフェット氏は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック中に60億ドルの株式を手に入れた理由として、日本の5大商社の株式に提示された「ばかばかしい価格」を挙げた。

岸田文雄首相の「新しい資本主義」キャンペーンの下、東京も貯蓄から投資への移行を奨励しようと努めており、年間投資限度額の引き上げと非課税期間の延長を伴う日本個人貯蓄口座(NISA)プログラムを再開した。

また、日本経済が数十年にわたるデフレスパイラルからようやく脱却し始めているかもしれないという兆候もあり、昨年は労働者の賃金が1990年代初頭以来最大の上昇を記録した。

三井住友銀行(SMBC)グローバル・マーケッツ・トレジャリー部門のエコノミスト、安部良太氏は、賃金上昇率が引き続き上昇するとの期待が株式市場上昇のいくつかの要因の中で最大のものだったと述べた。

安倍首相はアルジャジーラに対し、「最近の出来事は、社会で最も変化したことは、日本のビジネスリーダーがインフレと企業の状況を踏まえ、着実な賃金上昇の必要性についてより真剣に考え始めたことを示している」と述べた。

日本株は他の市場、特に中国の景気低迷からも恩恵を受けた。

中国経済が中国政府による民間産業の弾圧から昨年の遅々として進まない不動産危機に至るまでの課題に直面する中、海外投資家は中国株式市場から290億ドルを引き出し、2023年には対内投資の90%が消滅した。

しかし、日本株の陽気な時期がいつまで続くかについては、アナリストの意見が分かれている。

富士通総研の主任研究員マーティン・シュルツ氏は、企業経営者が生産性の向上と株主への利益の増大を目指す中、日本の株式市場は今後も大きな利益をもたらし続ける可能性があると述べた。

シュルツ氏はアルジャジーラに対し、「低成長経済では上振れは限られているが、デジタル化、再生可能エネルギー、アジア経済統合といった長期トレンドの恩恵を受ける大手企業は、バリュエーションで同業他社に後れを取り続けている」と語った。 「彼らには成長の余地がある。」

衰退が近いと見ている企業もある。

米連邦準備理事会(FRB)が利下げを開始する中、円は今年ドルに対して大幅に上昇すると予想されており、そうなれば日本株の値ごろ感が損なわれることになる。

ライプツィヒ大学経済政策研究所の村井大樹博士研究員は、低金利環境で米国や欧州の景況感が改善するにつれ、日本の魅力は薄れるだろうと指摘する。

「その結果、国際資本の流れはより高い利益を求めて日本から流出する可能性が高い」とマレー氏はアルジャジーラに語った。

東京
1990年代初頭の巨大な資産バブルの崩壊以来、日本経済は停滞に苦しんでいる [File: Kiichiro Sato/AP]

日本株の上昇が広範な景気回復の前兆となる程度についても見解が分かれている。

2023年に明るい兆しが見えてきたものの、最近は賃金の伸びが鈍化している。 人口減少や改革に抵抗する硬直した労働市場などの構造的問題が、長期的な成長見通しに影を落とし続けている。

CLASのスミス氏は、最近の経済動向の方向性について楽観的な見方を表明した。

「政府、省庁、株主は、この国での35年間でこれまで見たことのない形で協力している」と同氏は語った。

ライプツィヒ大学の研究者マレー氏は、株式市場の好調なパフォーマンスは日本経済が直面する深刻な課題を取り除くわけではないと述べた。

岸田文雄首相の新資本主義は日本経済の包括的な構造改革を遅らせている。 安倍晋三前首相もアベノミクス経済政策パッケージに構造改革を盛り込んだが、実行されたのは財政と金融の拡大だけだった、と同氏は述べた。

「さらに、日本の企業部門からはイノベーションに関して前向きなニュースはほとんどない。」

三井住友銀行のエコノミスト、安倍氏は、春の企業と従業員間の賃金交渉後には景気の見通しがより明確になるだろうと述べた。

安倍首相は「経済における賃金と支出の好循環を見極めるため、今年後半の賃金上昇だけでなく実際の支出も引き続き注視していく必要がある」と述べた。

同氏は「日本人のデフレ心理がさらに変わっていくことを期待している」と付け加えた。 「もしそうなら、私は株価上昇にもっと自信を持つでしょう。」

READ  日本はオミクロンの急増の中でCOVID制限を拡大する