Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の株式市場は1989年に最高値を記録した後、新たな高値を更新 | 経済

日本の株式市場は1989年に最高値を記録した後、新たな高値を更新 | 経済

先週、東京市場の指標となる日経225指数は約35年ぶりの高値に達し、歴史に名を残した。

日本の株式市場は数十年にわたる低迷を経て、先週1989年の最高値を超え、新高値を更新した。

東京の指標となる日経225指数は月曜午前の取引で0.7%近く上昇し、日本株は過去1年で最も買われている銘柄の一つとなった上昇相場が続いた。

主な受賞者には、三菱UFJフィナンシャル・グループと製薬会社の第一三共が含まれた。

木曜日、日経平均株価は、日本経済が資産崩壊の瀬戸際にあり、数年間の「失われた10年」の経済停滞の始まりとなった1989年に付けた史上最高値の3万8915.8ドルを超えた。

日経平均株価は2023年全体で28.2%上昇しており、それ自体が豊作だったS&P500指数を大きく上回っている。

投資家が円安と株主利益を高めるコーポレートガバナンス改革の恩恵を受け、海外資金が日本株に流入した。

しかしながら、人口減少や労働力人口の停滞などの構造的課題を背景に、日本経済全体は引き続き低成長に苦しむこととなった。

日本経済は今月初めに正式に景気後退入りし、世界第3位の経済大国の座をドイツに譲った。

月曜日の他のアジア市場は下落した。

香港と上海のハンセン総合指数は0.7%下落し、韓国のコスピは0.8%下落した。

READ  クラウドのコストが予測よりも前倒しされ、日本のビジネスムードが悪化