Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の格安航空会社ZIPAIRがロサンゼルス行きのフライトを開始-AirlineGeeks.com

日本の格安航空会社ZIPAIRがロサンゼルス行きのフライトを開始

日本で最も新しい格安航空会社の1つであるZIPAIRは、米国への最初のフライトであるロサンゼルスを発表しました。 日本航空の航空会社子会社は、合計5つの目的地に成長し、ボーイング787-8ドリームライナー航空機で東京成田から3週間のフライトを運航します。

フライトは、東京成田空港を午後2時45分にZIPAIR 24便として出発し、午前7時40分にロサンゼルスに到着します。復路のZIPAIR 23便は、午前9時40分にロサンゼルスを出発し、東京-成田に到着します。翌日の午後2時25分。 夏時間が3月に始まるため、フライトは午前8時40分にロサンゼルスに到着し、午前10時40分に出発します。

京堂ジャパンによると、これらの便は2022年3月26日まで満了する予定であり、成田東京からロサンゼルスへの便が増えるか、その後太平洋を越えて西海岸に向かう新しい路線が開通する可能性があるという。

火曜日、木曜日、土曜日に、ZIPAIRはボーイング787-8ドリームライナーを東京-成田からロサンゼルスに飛ばします。 そのキャビンは、1-2-1構成の18のリバーシブルビジネスクラスシートと3-3-3構成の272エコノミーシートを含む290シートを保持します。 さらに、航空会社は無料のWiFiを提供していますが、機内エンターテインメントシステムはありません。

飛行中、ZIPAIRはVeriFLY Digital Health Passportアプリを使用して、日本航空の日本へのサービスと同様に、COVID-19ワクチン接種情報を処理します。

ZIPAIRTokyoの社長である西田真吾は声明の中で次のように述べています。ロサンゼルスで。私たちの使命は、業界に新しいベンチマークを設定することです。長距離の国際路線で独自の低コストのビジネスモデルを提供することにより、航空旅行。根本的に時間の感覚を短くします。私たちは、米国の旅行者がこの概念を体験することを歓迎したいと思っています。実際に飛行機で旅行するのは本当に新しいことです。」

ZIPAIRは、ロサンゼルスから日本への唯一の格安航空会社のオプションを提供します。 たとえば、東京成田からロサンゼルスへのフライトでは、ZIPAIRは親会社の日本航空と全日本空輸(ANA、シンガポール航空、ユナイテッド航空)との競争に直面します。 ユナイテッド航空を除くすべての航空会社は、ルート上でボーイング777-300ERを運航しています。 ユナイテッド航空はボーイング787-9ドリームライナーを運航しています。

この動きは、ZIPAIRの米国での2番目の目的地であり、東京を拠点とする航空会社の5番目の目的地です。 格安航空会社は、2020年12月にホノルルへの最初のフライトを週に1回開始し、現在、この冬に最大5回の週便を運航しています。 ホノルルに加えて、ZIPAIRはバンコク、シンガポール、ソウルへのフライトを運航しています。

これらの目的地に運航するために、ZIPAIRは親会社である日本航空から2機のボーイング787-8ドリームライナーをリースしており、その艦隊の3分の1を追加する過程にあります。 2024年までに、同社はボーイング787を10機搭載する予定です。

ZIPAIRは、日本航空が日本から新しい長距離サービスを開始するAirAsiaXなどの格安航空会社から身を守るために、低コストの長距離子会社を試みたため、2018年に開始されました。 当時、エアアジアXはA330-300を使用して日本の大阪からハワイのホノルルへのフライトを運航していました。 当初、東京を拠点とする格安航空会社は、2020年半ばにバンコクとソウルへのサービスを開始することを目指していましたが、COVID-19のパンデミックにより、これらの計画は延期されました。 代わりに、ZIPAIRは、2020年4月から2020年10月まで、格安航空会社がソウルへの最初の旅客便を開始したときに、両方の目的地への貨物便を運航しました。

日本航空にとって、ZIPAIRは東京成田をそのナンバーワンの低コストハブに変えようとしている唯一の低コストプロジェクトではありません。 2021年4月、日本航空は、中国の低価格春秋航空の日本子会社である春秋航空日本株の過半数の株式を取得し、東京成田から中国への低価格ネットワークを拡大しました。 日本航空の子会社は、パンデミックの終焉と拡大の可能性について、中国と日本の間の渋滞に注目しています。

また、日本航空はジェットスター・ジャパンを所有しており、主に低コストの国内事業に注力しています。 日本航空は、これら3社すべてで、ZIPAIRを活用して、「従来のフルサービスキャリアであるJALでは到達できなかった新しい顧客を引き付けることで成長する」ことを望んでいます。

  • ウィンストンは幼い頃から飛行機が好きでした。 ワイドボディがワシントンダラスに降りてくるのを見ることから世界を旅することまで、ウィンストンは常に空を監視してきました。 ウィンストンは2018年に航空写真を開始し、現在はInstagramアカウントに写真を投稿することがあります。 以前にブログのために書いた。 余暇には、チェスをしたり、余暇をしたり、スポーツを観戦したりするのが大好きです。 将来を見据えて、ウィンストンは航空業界にサービスを提供することを計画しています。

    すべての投稿を表示

WinstonChicによる最新の投稿 (すべて表示する)
READ  セレブシェフの三笠ニッキがミックスフードポップアップを発表