Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の桑瀬直美監督がユネスコ親善大使に任命されました

カンヌ国際映画祭で複数の賞を受賞した河瀨直美監督は、日本の国連常任代表団によると、木曜日にユネスコ親善大使に任命され、日本人女性として初めてその地位に就いた。

世代を超えた女性の物語に焦点を当てた彼女の映画作品が認められて、この役に出演する5人目の日本人である川瀬さん(52歳)が選ばれました。 彼女はこの立場を利用して、文化産業における男女平等を推進することが期待されています。

日本の河瀨直美理事(右)は、2021年11月25日、パリの組織本部で、ユネスコ親善大使としての任命状を、ユネスコ親善大使とともに保持しています。

「私の役割は、世界中の過小報告されている人々を強調し、世界の舞台で彼らを描写することだと思う」とカワシは彼女の任命時にパリでの記者会見で言った。

フランスの首都にある国連教育科学文化機関本部での式典で、ユネスコの元フランス文化大臣であるオードレ・アズレイ事務局長は、人と文化の多様性を促進したことでクアシを称賛しました。

カワセは、アフリカの若い女性映画製作者を支援するユネスコプロジェクトに参加しています。

西日本の奈良県で生まれた日本人監督は、1997年に公開されたデビュー作「すざく」でカンヌ映画祭の最優秀デビューゴールデンカメラ賞を受賞した最年少の映画製作者になりました。

10年後、彼女の作品「The Mourning Forest」は、カンヌのパルムドールに次ぐ2番目に高い賞であるグランプリを受賞しました。

2015年、川瀬はフランス政府から芸術と手紙の騎士を授与されました。

ユネスコの役割を担う他の日本人には、1988年に初の親善大使になった故アーティストの平山英子や、日本の歌手兼俳優の藤亮太郎が含まれます。

京都に本拠を置く日本の主要な茶道学校の1つである裏千家の元上級教師である千人志津は、2012年からのれんの使節を務めています。


関連する報道:

日本の先史時代の遺跡が世界遺産としてユネスコのリストに追加されました

日本南西部の島々がユネスコの世界遺産に登録されました

川瀬賞を受賞したカンヌ、その他大阪万博2025のプロデューサーに任命


READ  「シャン・チー」監督のデスティン・ダニエル・クレイトンがマーベルでのデビューについて語る