Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の次期首相は、ウイルス、経済、中国に対して迅速に行動しなければなりません。

東京(AFP)-菅義偉首相の後任を目指す4人の候補者に日本の与党のメンバーが水曜日に投票するので、賭け金は高いです。 次の指導者は、パンデミックに見舞われた経済、危険な地域で新たに権限を与えられた軍事行動、内向きの同盟国であるワシントンとの批判的な関係、そして強力な中国とその同盟国である北朝鮮との緊迫した安全保障上の対立と戦わなければならない。

バックカントリー交渉でリーダーを選ぶことが多い、長きに渡る自由民主党にとって、この選挙は広く開かれることを約束します。 党が議会を支配しているため、その指導者は首相になるだろう。

オブザーバーによれば、誰が勝ったとしても、党は、来たる下院選挙に先立って、国民の支持の低下を迅速に回避するための新鮮なアイデアを切実に必要としている。

珍しいことに、保守的な高市早苗とより寛大な野田聖子の2人の女性が、河野太郎予防接種大臣と岸田文雄前外相と競争している。

高市早苗は、菅氏の前任者の断固たる支持を得て、保守的なビジョンと修正主義的な姿勢を支持する安倍晋三前首相が急上昇し、野田氏のチャンスは薄れつつある。

安倍首相の武地支持は、党の性的イメージを向上させ、反体制派で改革派と見られている河野氏から票をそらす試みかもしれないと政治オブザーバーは言う。

東京大学の政治学教授である押山悠氏は、新首脳の下での主要な外交政策と安全保障政策にほとんど変化は見込まれないと述べた。

すべての候補者は、中国の影響力の高まりに対抗する方法の一部として、日米間の緊密な安全保障関係と、アジアやヨーロッパの他の志を同じくする民主主義国とのパートナーシップを支持しています。

河野と岸田は元外交官です。 彼らと野田は、重要な隣国であり貿易相手国である中国との対話の必要性を強調した。 4人の候補者は、中国が主張する自治島である台湾との緊密な「協力関係」を維持し、環太平洋パートナーシップ協定やその他の国際機関に参加する意向を主張している。

一連の政策討論では、4人の候補者が外交、経済、エネルギー、防衛の問題だけでなく、男性優位の保守党が過去にめったに議論しなかった男女平等と性的多様性の問題について議論しました。

東京工業大学の西田亮輔教授は、ジェンダーと多様性が含まれていることは、党が問題を無視し続けることができないことを知っていることを示していると述べた。

高石だけが、夫婦に1つの名前(常に夫の名前)のみを使用するように強制する法律の変更に反対しています。 彼女はまた、第二次世界大戦の死者を称える靖国神社を公式訪問することを約束しました。靖国神社は、戦時中の行動に対する日本の反省の欠如の証拠として、中国と韓国の多くの人々に見られています。

他の候補者は、中国や韓国との関係からの脱落により、靖国への訪問を控える可能性があります。

菅義偉内閣は、コロナウイルスの取り扱いと、パンデミック時に東京オリンピックを主催することを主張することへの支持を失いました。 アナリストはまた、彼の支持の喪失の一部を、党の自己満足と、安倍首相の長年のリーダーシップの間に生じたますます権威主義的なアプローチに結び付けた。

水曜日の投票は、党が安倍首相の影から抜け出すことができるかどうかのテストとして見られています。 専門家によると、彼の政府や政党問題への影響力は、さまざまな見方を大きく混乱させ、政党を着実に右にシフトさせてきたという。

「危機に瀕しているのは、日本の民主主義の状況であり、新しい指導者が人々の声に耳を傾け、彼らを政治的に考慮に入れる意思があるかどうかです」と押山氏は語った。 「菅首相は明らかに人々とのコミュニケーションに問題があり、説明責任を果たしていませんでした。」

前回の投票とは異なり、菅の選出が党首による合意であったとき、水曜日の投票はより困難であり、ほとんどの派閥は彼ら自身のメンバー代理による自由投票を許可し、党にとっては珍しい動きでした。

多くの総選挙が党の投票を監視しており、与党議員は次の議会選挙で再選を求める世論に細心の注意を払っている。

党の投票は、汚職スキャンダルと中国と韓国との緊迫した安全保障関係にもかかわらず、並外れた政治的安定の時代を終わらせ、菅をはじめとする日本の「回転ドア」指導部に短命の首相を戻す可能性がある。

健康問題で急遽辞任した安倍首相の打者就任からわずか1年で菅氏を辞任し、日本憲法史上最長の8年近くの指導力を終える。

ウイルス感染が鈍化し始めた9月初旬に辞任を発表して以来、菅と彼の政府に対する支持の評価はわずかに回復した。 日曜日の新しい毎日の症例数は2,129に減少し、8月中旬のレベルの約10分の1になりました。 日本は約169万人の症例と17,500人の死亡を記録しています。

症例の急激な減少の多くは、ワクチン接種の進歩に起因しています。 現在、国の約56%が完全にワクチン接種されています。

政府は9月30日に1か月前のコロナウイルス関連の緊急事態を解除する予定であり、人々は日常生活に戻ることを楽しみにしています。 その間、野党は実行可能な変化の道具として彼ら自身を位置づけることができませんでした。

「多くの人は、日常生活に直接影響を与える問題に取り組む傾向がありますが、政治的意見や国家安全保障などの問題にはほとんど注意を払っていません」と西田氏は語った。 「感染が遅くなると、ウイルスへの恐れはすぐに消え、オリンピックでさえも好意的に記憶されるでしょう。」

READ  バイデンはバーンズを中国大使に選んだ。 日本についてのエマニュエル