Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の水泳選手イキは、クリーンスイープを主張しているにもかかわらず、オリンピックのスポットを失います

白血病の生存者である壱岐子子は、土曜日の日本のオリンピック水泳大会で4勝したが、東京オリンピックの個人的な場所を逃した。

今週初めに東京で彼が主張した2つの成功に加えて、Ikeは50mバタフライと50mフリースタイルの両方を獲得しました。50mバタフライと50mフリースタイルは、2019年2月に癌と診断された後、昨年3月にトレーニングを開始しました。

彼はすでに日本のメドレーと4x100mの自由形リレーチームで、日本の全国選手権を兼ねた裁判の最終日までのコロナウイルスの東京後半の試合でその地位を獲得しています。

しかし、24.84秒の50mフリースタイルでの彼の時間(50mバタフライはオリンピックイベントではなかった)がその日の唯一の資格でした-彼をオリンピックで個人的な場所にするのに十分ではありませんでした。

「楽しい時間を過ごしたかったのですが、最も重要なのは、4度目のタイトルを獲得したことです。とても興奮しています」と、2024年のパリオリンピックに焦点を当てて、トライアルの前にイケアは語った。

「レースまで結果がどうなるかはわかりませんでしたが、プールから出ると、勝つ決心をしました」と彼は付け加えました。

金6個と銀2個を要求した後、2018年アジア競技大会でMVPに指名され、東京オリンピックのスターになることが期待されていました。

しかし、彼は白血病と診断され、約10か月間入院し、昨年8月に再び競争した。

彼女は2月の東京オープンで50メートルの蝶を獲得しました。

彼は今週のテストで100メートルのバタフライを獲得し、日本のメドレーリレーチームに自分の場所を登録することで優勝しました。

彼は4x100mリレーチームに参加するために100mフリースタイルで優勝しましたが、疲れ果てて50mから引退することを考えました。

今年の夏に試合が始まると、彼は「リレーチームに貢献する」ことを決意しました。

「私が競争することを決心したとき、私はそれを正しくしなければならないことを知っていました」と彼は言いました。

「オリンピックまであと数ヶ月ありますが、その前に少し力をつけることができると思います。」

大学/オーホー

READ  2隻の中国船が成都諸島沖の日本の海域に入る、ワールドニュース