Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の沿岸都市は、13メートルの巨大イカ像にCOVID救済を費やしています

スタートストップの封鎖が制限されている都市と迅速な予防接種を要求する人々がいる日本は、コロナウイルスの流行に悩まされています。 厳しい状況の中で、日本の沿岸都市は、コロナウイルス救済基金の一部を使用してイカの巨大な像を建てました。 ピンクのイカが珍味である石川県にある能登市は、この像は観光を促進するための長期計画の一部であると主張しました。

13メートル(43フィート)の銅像は、緊急資金から2500万円を使って建てられました。 BBC 発表しました。 ピンクの頭足類の建設は2020年10月に始まり、完成した像は今年の3月にようやく現在の家に移されました。 市はCOVID間の国家助成金を通じて8億円を受け取った。 市の経済を改善することを目的とした助成金は、彫像を建てるために多くの管理行動を引き付けました。 多くの人が、このお金は必需品に使われる可能性があると主張しました。

日本の緊急事態

日本のアウンサンスーチー首相は、4月25日から5月11日まで、東京、大阪、その他2つの州で非常事態を発表した。 最新のカウントでは、日本は616,123のCOVID-19症例を記録し、そのうち3,763以上が致命的でした。

午後菅義偉政権は、官僚的な陰謀で予防接種プログラムを推進したとして批判されている。 2021年のオリンピックの日程が近づくにつれ、政府は最近、予防接種プロセスをスピードアップする取り組みを強化しました。 ブルームバーグによると、政府は、ワクチンを投与できる医師の数を増やすよう医師会に要請する一方で、より多くの証拠を発表するための新たな取り組みを発表しました。 今週初め、政権は最初に国の軍隊に国の首都東京に予防接種センターを設立するよう要請した。

画像:TheTonarinopoti / YouTube

READ  TVIDS-ニュース-「ヘッドスタート」配偶者のための日本のオリエンテーションクラスキャンプがジャマで再開