Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の法律事務所、日本KFCとの契約についてカーライルに助言

日本の法律事務所、日本KFCとの契約についてカーライルに助言

日本の法律事務所カーライルKFC日本契約

西村あさひ法律事務所、森・浜田法律事務所、長島・小野常松法律事務所の日本のトップ3法律事務所は、東京上場のKFCホールディングス・ジャパン・プライベート・リミテッドの1,300億円(8億3,500万米ドル)の買収に関してカーライルに助言を行った。

米国のプライベートエクイティ会社は5月21日に1株当たり6,500円で公開買い付けを開始し、公開買い付け期間は今年7月9日までとなった。 9月にカーライルは三菱商事の日本KFC株の約35%を取得し、バークシャー・ハサウェイが支援するファストフードチェーンの日本部門からの撤退を示すことになる。

日本KFCは5月20日のニュースリリースで、今年1月下旬にフライドチキンチェーン運営者の森・浜田氏を法律顧問として採用したと発表し、一方三菱商事は今年1月から長島・小野氏に法的助言を求めてきた。

日本の商社にアドバイスを提供するナガシマ・オノ・グループは、パートナーのアバイア翔氏と田村優氏が率いる。

森・浜田氏はコメントの要請に応じなかった。

一方、西村あさひ法律事務所はアジア・ビジネス・ロー・ジャーナルに対し、自社が公開買い付けに関してカーライルのアドバイザーを務めていると語った。 東京に本拠を置く同社のチームは、パートナーの浜田慶太郎氏、野中俊之氏、神保裕子氏、中村真由子氏が率いていた。

READ  防衛大臣、米軍基地移転を巡り沖縄県知事と会談