Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の波田地隆弘選手がニュージーランドオープンテニストーナメントで優勝した

日本の波田地隆弘選手がニュージーランドオープンテニストーナメントで優勝した

オーストラリア人のスコット・ヘント選手がミルブルック・リゾートの最終ホールでトリプルボギーを叩き、畑地隆広選手が日本人ゴルファーとして初めてニュージーランド・オープン優勝者となった。

50歳で全英オープンを制した現代最年長選手になることを目指している一夜のリーダー、ヘントは、16番ホールと17番ホールで連続バーディを奪い、ハダジと並んだ。

しかし、18番パー3でティーショットを旗の上に飛ばした後、ヘンドは最初のパットを外し、2回目のパットも力を抜くことができず、4フィートから逆転した。

ハダジは67、17アンダーで終了し、ヘント(69)を1打上回った。

スコット・ヘント

一夜のリーダー、スコット・ヘントはニュージーランド・オープンで2位に甘んじなければならなかった。 (マイケル・トーマス/AAP写真)

世界ランク518位のハダジにとってはプロ初勝利となった。

オーストラリア人のマシュー・グリフィン(70歳)、アンソニー・クエール(67歳)、ニュージーランド人のジョシュ・ギアリー(69歳)が15歳以下のチームで3位を分け合った。

最終日、オーストラリア人のジャーニーマン、ベン・ウォートンが7アンダー64をマークし、14アンダーの6位にリーダーボードを浮上させた。

ヴィクトリアは近年、苦悩に見舞われ、プロスポーツを辞めることを真剣に考えている。

「あとはプレーを続けるだけだ」と感情的になったウォーデンは語った。彼はオーストラリアツアーの最近8大会中5大会で出場を逃していた。

「自分のやり方を邪魔せず、自分の心が許す限り、リーダーボードのトップでぶらぶらするのに十分な実力があると私は定義しています。」

ブレンダン・ジョーンズがディフェンディングチャンピオン オーストラリア 71で終えて5アンダー59で終えた。

ミルブルックリゾートでは半分のカットが欠けていますが、 ニュージーランド タイロー・カズマ・コボリ選手は、日曜のオーストラリアン・ツアー・オーダー・オブ・メリットレースで僅差のライバルが誰も目立った順位を上げられなかった中、僅差を維持した。

READ  精製水プロジェクトのIAEAオンサイトレビューの延期