Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の炭鉱跡地で中国人戦時労働者追悼式が初開催

日本の炭鉱跡地で中国人戦時労働者追悼式が初開催






2024年5月26日、福岡県会塚市の慰霊碑前に献花する遺族ら。 (毎日・岡村隆史)

福岡県飯塚市 — 第二次世界大戦中に亡くなった中国人強制労働者の初の追悼式が5月26日、この日本の南西部の都市にある旧炭鉱で行われた。

2022年には日中友好と平和を願ってこの地に記念碑が建立されました。 建設に携わった日本と中国の当局者は、日本に強制連行された中国人労働者の家族の帰国を促進した。 親族らは記念碑に花を手向けて追悼の意を表した。






2024年5月26日、福岡県飯塚市で遺族を代表して演説する劉永輝氏。 (毎日・岡村隆史)

式典で遺族を代表して劉永輝さん(65)は「父や多くの中国人労働者が苦しんだ場所を日本の友人たちと追悼することは非常に意味がある」と述べた。 彼の父親は第二次世界大戦後中国に戻ったが、相次ぐ親戚の死により家族は「すでに崩壊」していた。

戦時中の人手不足のため、1943年から当時の日本政府は中国人労働者を強制的に日本に連れてきて、国内の炭鉱や建設現場などで雇用した。 福岡県飯塚市の旧三菱炭鉱は1915年に操業を開始し、1929年に三菱鉱業に譲渡されました。 1944年には188人の中国人が鉱山で強制労働させられ、19人が死亡した。

三菱鉱業の後継会社である三菱マテリアルは2016年に中国人労働者と賠償和解に達した。 その後、その場所に記念碑が建てられました。 こうした中、中国人労働者の遺族を追悼式に招待する声が上がった。

礼拝には中国人労働者の親族や中日関係者ら約60人が参列した。 記念碑建設に携わった組織委員会の松本正委員長は「皆さんの尽力のおかげで中国人労働者の家族をこの地に迎えることができた。彼らの苦労を分かち合いたい。皆さん」と出席者に語った。

福岡駐在の中国大使楊清東総大使は「死者の御冥福をお祈りするとともに、このような悲劇が二度と起こらず、日中両国が今後も友好関係にあり続けることを願っている」と述べた。

記念碑には強制連行された中国人労働者の名前が刻まれている。 式典後、参加者らは愛する人の名前を懐かしそうにたどった。

【岡村隆史】

READ  フアン・マタ、アンドレス・イニエスタの足跡を継ぎ、元マン・ユナイテッドとチェルシーのスター選手がヴィッセル・ゴビに加入「サウジからのオファーを拒否し、日本移籍の準備はできている」