Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の無人駅の増加が懸念を引き起こしている

日本の無人駅の増加が懸念を引き起こしている

人口減少が進む中、鉄道各社は利用者数減少の底入れを目指し、日本の地方鉄道の駅の無人化が進んでいる。

この傾向は国内最大手の事業者の間でも顕著で、JRグループの旅客会社6社が運営する4,368駅のうち6割近くが無人で運営されている。

しかし、無人駅には利便性や安全性が損なわれないという、無人駅ならではの懸念もあります。

2023年8月14日に撮影された写真には、7月から無人化が続いている大分市の大西駅の乗客が写っている。 (京都)

40代の地方自治体職員は、今月初め、台風カウン号が九州南西部に上陸した後、日本の南西部大井田市にある大西署で情報不足に混乱したことを思い出した。

同氏によると、7月1日に無人化された駅の状況を乗客に知らせるための遠隔アナウンスがいくつかあったという。

不便さは緊急時やプラットフォームの使用を超えたものです。 高校3年の女子生徒は、切符売り場が閉まっていて係員に定期券の更新ができなかったことに「イライラした」と話した。

朝夕の急行列車の停車駅や新興住宅地に近いにもかかわらず、同駅から職員を撤去する決定が下された。

2023年7月に廃止されるJR大西駅の切符売り場(8月14日、大分市の無人駅で撮影)。 (京都)

2023年8月14日に撮影された写真には、7月から無人化が続いている大分市のJR大西駅に設置された機械が写っている。 (京都)

2021 年度の大西駅の乗降客数は 1 日平均 1,789 人で、九州旅客鉄道全路線の中でも最も乗降客数が多い駅の 1 つとなりました。

それでも同社は、その使用パターンは無人化への移行を正当化すると述べた。

JR九州だけでも59%にあたる338駅が無人駅となっている。 上場企業化を決め、収益改善を目指した2015年以降、その勢いは加速している。

国の支援を受けている北海道旅客鉄道株式会社など、他の地方会社はさらに運賃が高い。 と四国旅客鉄道株式会社それぞれ71パーセントと81パーセントの駅は無人で運営されている。

対照的に、東京など多くの人口密集都市部で駅を管理している東日本旅客鉄道株式会社の割合は47%とはるかに低い。

無人駅は法的な問題もある。 大分地裁では2020年以降、車いす利用者ららが多数の訴訟を起こしている。

2023年8月14日に撮影された写真には、7月から無人化が続いている大分市のJR大西駅が写っている。 (京都)

請願者の中には、予約なしでは電車に乗れなくなり、負担に感じる人もいるという。

人員不足が危険な企業もいます。 12月には大分県の津久見駅で視覚障害者の女性が線路内で電車にはねられ死亡する事故があった。

事故は駅が完全に無人で、現場に従業員もいなかったときに発生した。 この事件により、監視されていないステーションの安全性について疑問が生じた。

JR九州は無人駅のサービス向上を図るため、カメラとインターホンシステムを導入した。 会社は必要に応じて従業員を派遣することができますが、事前に連絡する必要があります。

国内の他の地域では、空き駅を避けるよう取り組んでいる事業者もいる。 JR東日本は日本郵便と業務の一部を委託する契約を結んでいる。

千葉県鴨川市の内房線江見駅の駅舎が建て替え時に郵便局となった。 平日の営業時間中は、従業員が郵便局の日常業務をこなしながら、チケットの販売を行っています。

JR東日本は来年、同様のシステムを千葉県と栃木県の2駅に拡大する予定で、長野県の官民運営しなの鉄道も郵便局と協定を結ぶ予定だ。

江戸川大学の大塚良治教授(鉄道経営学)は「利益を重視しすぎると、公共交通サービスとしての利便性や機能が低下する」と指摘する。

コンビニエンスストアや観光協会の職員が駅で業務を行うことを認めるなど、鉄道が率先して問題解決に取り組むべきだと同氏は述べた。

さまざまな企業が乗換駅で従業員を共有できるシステムを構築することも提案した。

2023年8月14日に撮影された写真には、7月から無人化が続いている大分市の大西駅の乗客が写っている。 (京都)


関連報道:

特集:マウイ島で山火事に見舞われたのはラハイナだけではない

特集: 芸術における多様性を擁護したアメリカ、デンマーク、韓国の女優

バス運転手の半数はルールを破り、手を振って挨拶する


READ  日本でのナイキの素晴らしい3Dエアマックスビルボードの裏話