Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の物流産業を盛り上げる自動化技術

ロジスティクス業界は、作業を自動化するテクノロジーに関心があります。 自動化技術は効率をもたらし、日本の産業が直面する課題を解決することができます。 「人手不足、少子高齢化、コロナ禍により、労働者が集まりたくない環境があります。そのような状況を解決するために、自動化が必要です。マッピングを使用して自動運転ルートが作成されています。アルテック オフィシャル 辻本茂弘氏

椿本シリーズは、日本のものづくりを支える産業チェーンです。 長い歴史の中で培った発電のノウハウが、完全自動化の技術に貢献しています。

「当社はコンベヤチェーンの製造からスタートしました。ものを運ぶ専門企業として、自動マテハンシステムを製造しています。当社には100年の歴史があり、マテハンシステムは80年の歴史があります。三次元システムはトラックが商品を運ぶので、人が歩いたり通路を移動したりする必要がありません。また、高さが52mあり、高いところに保管できるのも特徴です」と椿本チエインの岡美子さん。アーム型産業用ロボットは、画像処理と人工知能技術を使用して、非対称ビームを効率的に識別してキャプチャします。

ものづくり精神と最新の人工知能技術の融合が物流技術の発展につながります。 (アニ)

(このストーリーは Devdiscourse スタッフによって編集されておらず、共有フィードから自動的に生成されています。)

READ  財務省の利回りが新たな高値に急上昇するにつれて、アジアの株式は下落する