Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の獣医は私たちのcovidマスクの質問に答えることができますか?

ホームページ >>

健康

彼が自分でウイルスを捕まえた後、フィルターを作成します

同じ健康 -投稿日:2021年11月6日| 最終更新:4時間前

公開日:2021年11月6日| 最終更新:4時間前



ダチョウ由来の抗体を特徴とするマスクフィルター上で、Covid粒子が蛍光色で強調表示されます。 写真:塚本康弘

それはとても単純な考えなので、私たちのほとんどはいつかそれについて疑問に思うでしょう。 それは、パンデミックの最悪の部分、つまりウイルスのマスキングから生まれたアイデアでした。 Covid-19の最も恐ろしい部分は、あなたの隣に座っている人が感染しているかどうかわからないということでした。
しかし今、日本の科学者はその解決策を見つけたかもしれません。 朝日新聞は、塚本康弘がCOVID-19ウイルスが存在する場合に光るフェイスマスクを開発した可能性があると報告しています。
新聞は、塚本自身が新しいコロナウイルスに感染したと報じた。 病気の間、彼はUVAまたはUVB光線にさらされたときに光るマスクを作成しました。
科学者は実際には獣医であり、動物の健康に取り組んでいます。 京都府立大学学長。 同氏は、10月に京都府キャンパスで行われた記者会見で、「この製品を世界中で利用できるように努める」と述べた。
その後、塚本はフェイスマスクの表面に動物由来のタンパク質を使用して、ウイルスが存在する場合にそれを点灯させました。 目標は、感染があった場合に点灯するマスクを作成することでした。 マスクの内部には、ウイルスと反応する抗体を含むフィルターがあります。
世界的大流行の前に、彼はダチョウが抗体を産生するタンパク質を作っているかどうかを調べるためにダチョウに基づいた研究に取り組んでいました。 彼は現在、ウイルスが存在する場合に紫外線と反応する蛍光抗体を含むフィルターに取り組んでいます。 それが効果的であるためには、それでもテストする必要があります。



READ  20代の男性が京都の自宅でCOVID-19により、基礎疾患なしに死亡