Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の環境大臣「政府は水銀の健康への影響を2年以内に調査する」

日本の環境大臣「政府は水銀の健康への影響を2年以内に調査する」

日本の環境大臣は、政府は人間の健康に対する水銀の影響について2年以内に調査を開始すると述べた。

伊藤慎太郎環境大臣は月曜、水銀中毒が原因の水俣病患者らとの会合で発表した。

会議はこの病気の発生源である日本の南西部、熊本県水俣市で開催された。

水俣病患者を代表するグループを含む6つのグループが研究に参加した。

伊藤氏は、政府は水銀の健康への影響を評価する客観的な方法であると主張する調査方法を使用すると述べた。

同団体は、政府が個人に対して検査を実施する方法では時間がかかると主張している。

彼らは政府に対し、これまでの検査結果に基づいた迅速かつ効果的な調査を実施するよう求めた。

また、水俣病が報告されている不知火海沿岸の住民全員を対象に調査を実施するよう政府に求めた。

伊藤氏は答弁の中で、政府は団体が提案した手法を参考にし、幅広い観点から問題をより深く検討すると述べた。

一部の参加者は、計画されている調査には海岸住民全員が含まれていない可能性があり、したがって健康被害の全容が明らかにならないのではないかと懸念していると述べた。

調査の期限を設けるよう求める声もあった。

月曜日の会議は、各グループとの前回の会議で、同省職員が参加者の発言中にマイクを遮断したことの続報であった。 エトーは後に謝罪した。

大臣は他の公務のため一時東京に戻った後、水曜日に水俣市に戻り、あるグループと会談する予定だ。

木曜日には水俣病が報告されている海域の島を訪れ、別の団体と協議する予定だ。

READ  COVIDの長期的な脳への影響を研究が示しているため、日本人男性は健忘症に苦しんでいます