Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の産業大臣は、日本はサハリンのプロジェクトへの出資を維持するつもりであると述べた

日本はロシアのサハリン 1 石油・ガス プロジェクトへの出資を維持する計画である、と萩生田浩一産業大臣は月曜日に述べた。これは、ロシアが西側の投資家による主要なエネルギー プロジェクトの株式売却を一時的に禁止した後のことである。

萩生田氏は記者会見で、このプロジェクトが日本のエネルギー供給の多様化に貢献したと語った。

経済産業大臣は、「サハリン-1」は、原油輸入の90%を中東に依存している日本にとって貴重な非中東の供給源であると述べた。

「日本企業の利益を維持することに変わりはない」と彼は言った。

ロシアは、いわゆる非友好国からの投資家が銀行の株式を売却することや、サハリン 1 を含む主要なエネルギー プロジェクトを年末まで禁止し、西側諸国との制裁に直面して圧力を加えています。

日本のコンソーシアムであるサハリン オイル アンド ガス デベロップメントは、サハリン-1 の 30% を所有しています。

これとは別に、8 月 2 日のロシア政府の命令により、サハリン 2 液化天然ガス (LNG) プロジェクトの外国人投資家は、既存の事業体に取って代わる新しい事業体への出資を 1 か月に 1 回請求することができました。 外国人投資家には、ロイヤル ダッチ シェル、日本の商社である三井物産、三菱商事が含まれます。

萩生田氏は、日本は日本の商社がサハリン 2 への出資を維持する意向であることを繰り返した。

具体的な対応については、ロシア側の決定内容を確認した上で検討する必要がある」と述べた。

萩生田氏は「官民が力を合わせて、日本へのLNGの安定供給を確保する」と述べた。 リスク回避の基本方針を取りまとめ、ロシア側の条件を満たせば、新会社への切り替え手続きを開始することを希望した。

三井物産はサハリン2に12.5%の株式を保有しています。 三菱が10%出資。

READ  スイス国立銀行の株式は、19億ドルの配当を承認したため、過去最高から下落しました。