Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の産業生産高は経済にとって憂慮すべき兆候ですビジネスと経済

中国がウクライナの戦争生産者を拘束し、圧迫しているため、4月の産業生産高は1.3%減少した。

中国の厳しい「ゼロ政府」政策とサプライチェーン制裁が生産を抑制し、世界第3位の経済大国の成長機会を弱めたため、日本の産業生産高は先月急落した。

政府のデータによると、4月の工業生産は、電子機器や機械などの商品の生産が大幅に減少したため、前月に比べて1.3%減少した。

トヨタ自動車が4月の世界生産目標を達成できなかった翌日の3か月ぶりの減少で、生産量は前年比9%以上減少した。

世界最大の自動車メーカーであるトヨタは先週、世界の生産目標を6月に引き下げ、通年で減産の可能性を示した。

オックスフォード・エコノミクスの日本経済責任者である長井茂人氏はアルジャジーラに、内需、特に個人消費の減少は、産業活動の減少よりも日本経済に大きなリスクをもたらすと語った。

「現在、需要の停滞から目覚ましい回復が見られますが、高インフレと賃金の伸びの停滞の組み合わせによる実質家計所得への急激な圧力により、消費力は大幅に抑制されるでしょう」とナガ氏は述べた。

「円安は住宅や消費にとってマイナスであり、コロナウイルス後の回復につながる可能性がある」と語った。

産業活動は遅かったものの、個々の小売業と失業率は健全な伸びを示しました。

政府がCOVID-19の規制を緩和した後、個人消費を増やしたため、小売売上高はほぼ1年で最大の増加を記録しました。これは、インフレの上昇にもかかわらず、需要の減少を脅かしました。 4月の小売売上高は2.9%増加し、2021年5月以来最大の改善であり、市場予測を上回っています。 失業率は2.5%で、2年以上ぶりの最低水準でした。

INGのエコノミストは声明のなかで、「日本銀行が安定したインフレ傾向を測定するために重要な、雇用の伸びにつながる厳しい労働市場の状況に注意を払う必要がある」と述べた。

日本のサービス部門はCOVID-19の流行から回復しましたが、中国の現在のロックとウクライナでのロシアの戦争により、生産の混乱と材料価格の上昇に直面しています。

経済産業省(METI)が調査した製造業者は、製造業の成長率が6月に4.8%に戻り、6月に8.9%に戻ると予想しています。

「今日の工業生産の不況は一時的なものだと思う。これは主に、中国の政府関連のロックによるサプライチェーンと製造業の混乱を反映している」と長井氏は語った。

「日本の輸出と生産は、今後数ヶ月は封鎖の影響を受け続けるが、勢いを取り戻すだろう。高品質の資本財と自動車に対する強い需要の中で、日本の製造業の可能性についての懸念は限定的である。

READ  オールブロックスのグレートキーランリードが日本準決勝でロビーティーンズに引退