Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の男子チームがEPブロンズを獲得し、世界で3番目のメダルを獲得しました

日本は金曜日の世界選手権で男子チームのエペで初の表彰台を獲得するために銅メダルを獲得し、カイロでのイベントで国内最高の3つのメダルを獲得しました。

昨年夏の東京オリンピックで金メダリストだった日本は、中国を破って準決勝に進出したが、マイナー決勝でハンガリーを45-30で下し、イタリアに41-31で敗れた。

「個人部門で銀メダルを獲得するよりも、チームイベントで3位に終わったほうが嬉しい」と、チャンピオンシップで日本の2つの個人メダルのうちの1つを獲得し、女性のサーベル金メダリストの江村美咲がもう1つを獲得したミノペカズヤスは語った。

日本(LR)の見延和靖、加納虹輝、山田優、松本竜が、2022年7月22日にカイロで開催されたフェンシング世界選手権で男子チームのep銅メダルを獲得しました。 (京都)


関連する報道:

フェンシング:日本の江村美咲が世界選手権で女子サーベルのタイトルを獲得

フェンシング:ミノペカズヤスがEPで日本初の世界メダルを獲得

フェンシング:相村一樹が最年少の日本人となり、フォイルワールドカップで表彰台に上がる


コギカノ、山田優、ミノペは、世界選手権に松本龍が加わった、エジプトに続く東京オリンピックの金メダルを獲得したチームの一員でした。

「連続したオリンピックと世界選手権でメダルを獲得することは本当にポジティブであり、世界の舞台で私たちの名前を築き上げています。」

日本の女子ホイルチームも最後の4試合に出場しましたが、準決勝でイタリアに45–37、マイナー決勝でフランスに40–34で敗れました。

READ  147位に恥ずかしい日本は、より多くの女性を政治に挑発している