Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の男性200平泳ぎの信じられないほどの深さ

先週の日本オリンピックで、佐藤祥万は今年のこれまでで最高の水泳パフォーマンスで私たち全員を驚かせました。 男子200回の胸のストロークで彼の2:06.40は、史上2番目に速いパフォーマンスであり、恥の3分の1です。 アントン・サブコフ世界記録。 19歳の水泳選手は最近大きな進歩を遂げており、2021年だけで221:06に3回泳いでいます。 彼は母国のオリンピックから数ヶ月間、ちょうど間に合うようにピークに達したようです。

日本の水泳選手が200人の男性の胸の中で世界最速の中にいるのを見るのは新しいことではありません。 数週間前、佐藤さん2:06.40、Instagramの直前 水泳統計ページ イベントでトップ50のベストアーティストをリリースしました。 トップ10の4つの日の丸は多くの人が最初に気づいたものでした。 また、日本のトップ50には11人の水泳選手がいるとの指摘もありました。

数字を見て、男性の200の胸の日本の信じられないほどの深さをよりよく理解しましょう。 これは1920年代から1930年代にかけて、日本の水泳選手が3回連続のオリンピックで優勝しました。 実際、日本ほどオリンピックに勝った国はありません。6回です。

今世紀、3人の日本人水泳選手(北島康介、山口観弘、 இப்பிவதனபே)他のどの国よりも、ほぼ10年間で世界記録を樹立しました。 もちろん、最大の名前は2004年と2008年のオリンピックチャンピオンの北島蚊でした。

2001年以来、日本の水泳選手は世界選手権で8個のメダルを獲得しています。これも、他のどの国よりも多い数字です。 最後の2つのエディションでは、 小関也朱篤 ブダペスト(2017)で銀メダルを獲得し、 இப்பிவதனபே、2017年から2019年までの世界記録保持者は、ブダペストと光州の両方で銅メダルを獲得しました(2019)。

男子200胸には、日本の力が実感できます。このイベントで史上最速の2人であるコセキオまたはワタナベは、佐藤と村リオがテストで最速の2人の水泳選手だったため、日本のオリンピックリストに入ることができませんでした。

ハンガリー、アメリカ、ロシア、オーストラリア、イギリス、その他の国々から、驚くべき200人の胸のバイヤーがたくさんいます。 しかし、日本が所有する水泳で1つのイベントがあるとすれば、それは男性の200の胸です。 日本の水泳選手ファンが東京オリンピックで日本の水泳選手の金メダルを獲得するためにたまたま1つのイベントだけを選んだ場合、男性が200個の胸を選ぶのを見るのは当然のことです。

READ  大企業がCOVID-19株から脱却するにつれ、日本銀行の信用は急激に低下している