Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の町はCOVID-19救済のための資金で巨大なイカを作ります

国の西部にある日本の沿岸の町は、観光を後押しすることを期待して巨大なイカの像を建てるために政府から提供されたコロナウイルス救済金の一部を使用したことでソーシャルメディアに怒りを引き起こしました。 地元メディアによると、石川県能登町は、パンデミックの中で地域経済を活性化させるための支援プログラムの一環として、中央政府から8億円(731万ドル)の助成金を受けています。

地元メディアによると、能登は高さ4メートル、長さ9メートルの銅像の建設費の一部を2500万円使った。 総建設費は約3000万円だそうです。 日本はコロナウイルス感染の第4波と戦っており、内閣はパンデミックによって引き起こされた不況から経済が回復するのを助けるために12月に7,080億ドルの刺激策を承認しました。

地元メディアによると、イカは能登の地元の珍味であり、彫像の建設は、市内の漁業への意識を高め、観光客を増やすための「長期戦略」の一環であると地方自治体当局者は語った。 ロイターは能登政府に連絡したが、返答した人物は報道機関と話すことを許可されていなかった。 日本の政府の建物は、毎年恒例のゴールデンウィークの休日のため、水曜日に閉鎖されました。

地元メディアによると、助成金はコロナウイルス患者の治療に関連する支出に特に割り当てられておらず、石川県の感染率は日本の他の地域に比べて低い。 しかし、一部の人々は、このお金を他の目的に使うべきかどうかを尋ねるためにツイッターに目を向けました。

あるツイッターユーザーは、「どちらの見方をしても、それは間違いだ。彼らはそのお金を返すべきだ」と述べた。 ピンクの頭足類の建設は2020年10月に始まり、最終的な像は今年の3月にようやく現在の家に移されたと地元メディアが報じました。 (ドル= 109.3700円)

(このストーリーはDevdiscourseスタッフによって編集されておらず、共有フィードから自動的に生成されました。)

READ  世界の株式は記録的なレベルに近づいています