Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の病院がCovid-19をめぐって争う中、ナーシングホームの創設者は億万長者になります

日本の病院はCovid-19患者の治療に重点を置いているため、東京に上場しているAmvisが運営するような、代わりにナーシングホームに行く高齢者が増えています。 同社の株式は昨年8月以来2倍以上になり、創設者兼CEOの柴原圭一は億万長者となった。 アンビスの77%の株式を保有する筆頭株主であるシバハラ(56歳)の純資産は現在10億ドルです。

Amvisのウェブサイトによると、全国で41の民間介護施設を運営しており、さらに11の民間介護施設が現在建設中です。 シバハラは書面で次のように述べた フォーブス

シバラは日本政府の翌年の2013年にアンビスを設立しました 出口 慢性疾患や障害を持つ人々が病院への圧力を軽減するために自宅でケアを受けることを奨励する在宅ケア方針。 によると ジャパンタイムズ 日本の65歳以上の人口の割合は世界で最も高く、国の総人口の28.7%を占めています。

「日本では、政府の政策の変更により、末期がんの人々や人工呼吸器を装着している人々が病院を出て自宅に行くことを余儀なくされています」とShibharaは説明します。 「この状況は、病院がCovid-19ウイルスに感染した患者の治療に忙しく、これらの患者がAmvisが運営する施設に群がっているという事実によって加速されています。」

8月初旬、Covid-19の症例数の増加により、日本の菅義偉首相は発表しました ポリシー コロナウイルス患者の入院を最も重症の症例のみに制限します。

2020年9月期の売上高 もっと 前年比71%増の92億円(8,300万ドル)、利益は2倍の12億円(1,100万ドル)。 2020年10月から今年の3月31日まで、売上高と利益は前年比でそれぞれ66%と108%増加しました。

中部地方の名古屋市で生まれた柴原は、名古屋大学医学部を卒業し、医師免許を取得しました。 その後、京都大学医学部で分子生物学を専攻。

卒業後、免疫学と分子生物学を専門とする研究者として20年間働きました。 彼は、「医療ヘルスケアにより密接に貢献すること」を意図して研究を去ったと彼は言います。 彼は社会起業家として病院や老人ホームを活性化するために働き始め、48歳でシードキャピタルを調達してAmvisを設立しました。彼はまた「起業家としての私の始まりは早くなかった」と述べました。

シバラは日本では珍しいヘルスケアビリオネアです。 世界長者番付リストによると、オンライン医療サービス会社M3の創設者である谷村伊太郎は、ヘルスケアから財を成した唯一の他の日本のビリオネアです。

-助けを借りて ジェイムズ・シムズ

READ  シカゴでアジア系アメリカ人と太平洋島嶼遺産月間を祝う方法