Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の病院の臓器移植データが厚生省から公開へ

日本の病院の臓器移植データが厚生省から公開へ

東京:脳死状態のドナーからの臓器移植が困難になる中、厚生労働省は医療機関での臓器移植に関する情報を公表すると発表した。

同省は待機患者数や臓器提供者の生存率などを年度末までに公表する予定だ。

現在、臓器提供を希望する患者は、原則として移植実施施設を1か所選択しなければならない。

臓器移植に関するデータは公開されていないため、患者は治療を担当する医師の意見と、治療を受けている施設での移植成功数に頼らなければなりません。

脳死の人からの臓器提供が増加する中、東京大学などの主要な移植施設では待機リストに並ぶ患者の数が増加している。

病院が病床やスタッフの不足を理由に臓器提供を拒否せざるを得なくなったケースもある。

データを公開することでこの問題を解決できる可能性があります。

同省の方針は火曜日(6月18日)、国会で日本維新の会の梅村聡参議院議員の質問に答え、同省大坪寛子保健局長が発表した。参議院の。 上院厚生労働委員会。

同省は、日本臓器移植ネットワーク(JOT)と日本移植学会が開発中のデータベースを活用する予定だ。

TRACER として知られるこのデータベースは政府の支援を受けており、日本で行われる臓器移植に関するすべての情報を収集します。

医療機関ごとに公表されるのは、臓器別の待機患者数、臓器別の待機患者数、医療機関別の3つのデータです。 患者が登録から移植まで待機した平均時間。 そして臓器移植後の生存率。

大坪氏は参院本会議で「国民が信頼できる臓器移植医療を推進するには、各医療機関のデータを開示することが重要だ」と述べた。

公開される3つのデータについて、JOTチームはこれまでのところ、メンバーの種類ごとの合計のみを明らかにしている。

5月の時点で、1万4194人の患者が腎臓、842人が心臓、615人が肺を待っている。 合計16,000人以上の患者が臓器移植を待っていた。

データベースの開発には、同協会元理事長で現・浜松労災病院院長の井川博人氏が携わる。

「治療の成果が出ていると思いますが、 [including the survival rate] 「移植オペレーターの間では、それは大きな違いではありません」と彼は言う。

「各病院のデータを公開することで、特定の医療機関への待機者の集中が解消されることを期待しています。

「JOT、保健省、地域社会が緊密に連携して計画が前進することを願っています。」

同省は臓器移植を待つ患者が手術を受ける2つ以上の医療機関に登録できる新たな制度を検討する方針も明らかにした。 – 日本のニュース/ANN

READ  SpaceXは本日、新しいスターリンク艦隊と陸上ミサイルを発射します。 ライブで視聴する方法は次のとおりです