Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の皇后がオックスフォード大学から名誉学位を授与された

日本の皇后がオックスフォード大学から名誉学位を授与された

日本の皇后は英国国賓訪問の最終日にオックスフォード大学を視察し、名誉学位を授与された。

雅子皇后と徳仁天皇は卒業式会場での特別卒業式に出席する前に、出身大学を訪問した。

この日は、天皇陛下が1983年から1985年まで大学院生として歴史を学んだマートン大学での植樹式で終了した。

王室は、オックスフォード大学首相のパットン・オブ・バーンズ卿とベリオール・カレッジ修士のデイム・ヘレン・ゴーシュとともにベリオール・カレッジのツアーを開始した。

徳仁天皇と皇后雅子がオックスフォードのシェルドニアン劇場を退場(ジョー・ギデンズ/ペンシルベニア州)
徳仁天皇と皇后雅子がオックスフォードのシェルドニアン劇場を退場(ジョー・ギデンズ/ペンシルベニア州) (PAワイヤー)

一行が互いに挨拶を交わしていると、デイム・ヘレンが皇后に「お帰りなさい」と言うのが聞こえた。

彼らが出発すると、朝から辛抱強く待っていた大勢の群衆が王室を大学の外で出迎えた。

群衆の前に立って、39歳のコウ・トモヒロさんは、そこにいられることを光栄に思うと語った。

日本出身のゴーさんは、2020年からオックスフォード郊外のサマータウンに住んでおり、市内に拠点を置く保険会社に勤めている。

多くの訪問者と同様に、彼は英国と日本の国旗を掲げていた。

コ氏は「両国の関係が良好であることを示すために2つの国旗を持ってきた」と説明した。

別の訪問者、リー・フレッチャーさんはこう語った。 [to see the emperor]。 彼らがここで一緒になるのは今回が初めてだ。 日本にいても天皇陛下にお目にかかる機会はなかなかありません。

44歳のグラフィックデザイナーは日本から移住し、オックスフォードに3年間住んでいます。

彼はこう言いました。「母が大ファンなんです。 彼女は私がここにいることをとても喜ぶでしょう。

徳仁天皇、オックスフォードのドラゴンスクールで生徒たちに演説(ジョー・ギデンズ/ペンシルベニア州)
徳仁天皇、オックスフォードのドラゴンスクールで生徒たちに演説(ジョー・ギデンズ/ペンシルベニア州) (PAワイヤー)

王室は、日の丸を掲げたノース・オックスフォードのドラゴン・スクールの学童に話しかけた。

二人はマートン大学の敷地内に一葉桜の木を共同で植樹して一日を終えました。

当初、天皇陛下のイギリス国賓訪問への招待は故女王によって行われたが、新型コロナウイルスのパンデミックと2022年9月の君主の死去のため、訪問は延期された。

デイリー・メール紙の報道によると、皇帝は1980年代にオックスフォード留学中に国王とともにバルモラルでフライフィッシングに出かけたこともあり、英国が好きだったと言われている。

皇帝はテムズ川の歴史についての論文も発表した。 彼はこの経験を「テムズ川と私: オックスフォードでの 2 年間の回想録」で説明しました。

READ  環境音楽の伝説高田みどり:「日本では、アーティストは年をとっています」| 音楽