Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の相撲取り力士、ひびけるが恐ろしい頭部外傷の1か月後に死亡-マディソンリーダーガゼット

警告:グラフィック画像

日本の相撲取りは、救急医療へのスポーツの対応について疑問を投げかけた事件で、試合中に頭に落ちてから1か月後に亡くなりました。

日本相撲協会によると、28歳のヒビケルさんは水曜日に急性呼吸不全で亡くなりました。

天野美月という本名のレスラーは、3月26日のトーナメントの試合中に対戦相手に捨てられました。 試合のビデオでは、相撲の職員が救急隊員の到着を見て待っている間、彼は頭を激しく倒し、顔を数分間横にしたことが示されました。

ニカンスポーツは、レスラーが担架を意識しており、相撲関係者に下半身が麻痺していると感じたと報告したが、病院では状態が改善していた。

日本相撲協会は金曜日、ひびろの死が彼の負傷に関連していたかどうかは不明であると述べた。 彼女は、彼が麻痺したかどうかを含めて、怪我の詳細を明らかにすることができなかったと言いました。 彼の家族からの即時のコメントはありませんでした。

28歳のひびきりおは、この相撲の試合中に挑戦した後、亡くなりました。
28歳のひびきりおは、この相撲の試合中に挑戦した後、亡くなりました。
Youtube

日本のメディアの報道によると、応急処置で彼を治療するために医療専門家が呼ばれていませんでした。 レスラーは通常、目覚めることが期待されていますが、医療専門家はトーナメント会場にいますが、リングサイドの近くには立っていません。

同協会によると、相撲関係者は、将来の攻撃で脳震盪に対処する方法など、緊急医療対応を改善する方法について話し合っているという。

もともと神道の宗教儀式の一部であった古代日本のスポーツは、その医学的対応や神聖と見なされているリングへの女性の入場禁止など、改革の要求に直面しています。

2018年、協会は、看護師や他の女性にリングを離れるように求めたとして批判されました。リングは、倒れた役人に応急処置を提供するために参加しました。

ひびきりゅうは2011年にデビューし、200人の三段目で24位にランクインしました。これは6つの相撲ランクの中で4番目に高いランクです。

もう一人の若くて下級の力士、勝武士は、コロナウイルスに感染した後、昨年5月に28歳で亡くなりました。

READ  日本のF1GPは2024年末まで鈴鹿に残ります