Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の看護師は、コロナウイルスの発生の中で東京オリンピックを支援するために500人の需要に反対している

東京-東京オリンピックの主催者の要請により、日本の看護師の何人かは憤慨し、500人がスポーツを手伝うために派遣されました。 彼らはすでにコロナウイルス感染を扱っている骨折部位の近くにいると言います。

オリンピック関係者によると、アスリートには1万人の医療従事者が必要であり、東京や大阪での緊急事態におけるウイルスの新たな急増の中で、より多くの看護師が求められている。

AP通信に対し、「怒りを感じただけでなく、しびれにショックを受けた」と、名古屋の看護師、池田幹人氏は語った。 「それは、人間の生活がいかに軽視されているかを示しています。」

主催者と国際オリンピック委員会が流行の真っ只中にゲームを引っ張ろうとしているので、より多くの看護師を求めることは、ほぼ毎日起こる変化に共通しています。

15,000人のオリンピックとパラリンピックのアスリートと数千人の役員、裁判官、スポンサー、メディア、放送局が参加するオリンピックは、国境が1年近く封鎖されている日本に入ってから3か月以内に開幕する予定です。 。

日本の医療従事者連盟が発表した声明の中で、森田鶴事務局長は、オリンピックではなく、エピデミックに焦点を当てるべきだと述べた。

「これらの看護師をオリンピックのボランティアとして派遣する計画は絶対にやめなければならない。これは深刻なコロナウイルス感染との戦いを守るための任務だからだ」と森田氏は語った。

「私は、患者と看護師の健康と生命へのリスクにもかかわらず、オリンピックを継続することを強いられたことに憤慨しました。」

看護師がオリンピックの実施に抗議しているという抗議メッセージは、最近日本のツイッターで話題になり、数十万回リツイートされました。

発生前、日本の看護師は、米国や英国の同僚と比較して、過労で低賃金でした。

看護師を10年務めている池田氏は、看護は肉体的に負担をかけるだけでなく、精神的にも消耗していると語った。 多くの看護師が自分自身を傷つけることを心配していると彼は言い、日本の予防接種率はたった1〜2%であると付け加えた。

「看護師さえいなければ病院に行くのは難しい。500人必要だ」と池田氏は語った。 「なぜ彼らはそれが可能だと思うのですか?」

COVID-19人の日本での死亡者数が10,000人を超える

ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルは先月、日本はオリンピックの開催を「再考」すべきだと述べ、「国際的な大衆集会のイベントはまだ安全でも安全でもない」と主張した。

東京医師会会長の大崎晴夫氏は、新しいタイプが普及しているため、オリンピックの開催は非常に困難であると語った。

彼は、日本の医学界はコロナウイルスの患者を治療し、ワクチンを展開しながらその範囲を拡大したと付け加えた。

「私たちはスポーツが好きだという精神的な議論を聞いたことがあります」と彼は言いました。 「国内外の感染症を増やさずにゲームを運営することは非常に難しい」と語った。

日本の菅義偉首相は、一部の辞任はコロナウイルス患者に対処するというストレスの多い仕事に関連しているが、看護師を辞めることはオリンピックを助けることができると示唆した。

「多くの人が時間がかかると聞いているので、それは可能であるはずです」とスカは先週広く批判されたコメントで言った。

アスリートは東京湾のアスレチックビレッジにあるオリンピックで「バブル」の中で活動し、指定されたエリアとトレーニングエリアに移動します。 何百もの部屋が村の外に病人を連れて行くために設置されたと言われています。

主催者やその他の参加者は、主催者の毎日のテストが必要になります。これは、医療スタッフにとって重要なタスクです。 これはまた、日本国民に対して行われているテストがいかに少ないかと矛盾します。

世論調査によると、日本人の80%がオリンピックの中止または延期を望んでいます。 オリンピックを公式に主催するための法案の大部分は154億ドルにのぼり、日本の納税者に課せられます。

野党議員の田村智子氏は最近、「状況は非常に悪い」と述べた。 「看護師は、この状況にどのように対処するかを知りません。それは物理的に不可能です。」

READ  星と線-8月に日本博物館に展示された珍しいゼロファイター