Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の県がベトナム人労働者の家族向けに新たな健康保険を導入

日本の県がベトナム人労働者の家族向けに新たな健康保険を導入

日本の山梨県は、より多くのベトナム人労働者を誘致する取り組みとして、同地域に居住するベトナム人労働者の家族を対象とした新たな健康保険制度を開始すると発表した。

山梨県当局は5月24日、新保険契約に関する質疑応答をオンラインで開催した。 (写真:nhk.or.jp)

東京(VNA) – 日本の山梨県は、より多くのベトナム人労働者を誘致するためのステップとして、地域に居住するベトナム人労働者の家族を対象とした新しい健康保険制度を開始すると発表した。

NHKワールドジャパンTVは、新しい保険制度が6月から申請受付を開始すると報じた。

山梨県当局は5月24日、新しい保険契約に関する質疑応答をオンラインで開催し、県内でベトナム人を雇用している企業20社以上が出席した。

保険サービスを利用しているベトナム企業によると、新しい健康保険制度では、ベトナム人労働者の両親や配偶者などの親族は、健康診断や治療費の10%の負担だけで済むという。

山梨県の担当者は、労働者への保険支援を行う企業に対し、県が一定額を補助すると発表した。

県男女共同参画・外国人活躍推進部の衿倉由紀子部長は、地元はベトナム人が安心して働ける環境を作り、労働力不足の解決につなげたいと強調した。

READ  NASAは3月26日に2024年の皆既日食に関する記者会見を開催する。 ライブ視聴方法はこちら