Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の研究によると、友達が少ない学生は成長と学習の感覚に欠けていることがわかりました

日本のデータ

地域教育


日本の大学生を対象とした最近の調査によると、COVID-19 のパンデミックにより親密な友情が低下し、学生の学習に対する満足感や自己啓発のレベルに間接的な影響を与えていることがわかりました。

ベネッセが大学生の学習状況と生活状況を分析した最新の調査によると、学生はコロナ禍の間、友達を作ることができず、勉強に充実感を感じることができず、厳しい大学生活に直面していることが明らかになりました。 2021 年 12 月に実施されたオンライン調査では、全国の 4,124 人の学部生から回答がありました。 ベネシスが2008年から4~5年おきに実施しているこの種の調査は今回が4回目です。

回答者に友人の数を尋ねたところ、多くの人はおしゃべりをする非公式の関係を持っていました.友人に関しては、「懸念について話す」、「社会問題について話し合う」、「勉強やスポーツで彼らと競争する」ことができました. 、」 80% 近くがそのような友達がいると答えましたが、その数は一般的にせいぜい 2 ~ 3 人でした。 すべてのタイプの友人について、2016 年の調査と比較して、友人がいない回答者の割合が増加しました。

回答者を友人の数に応じて3つのグループに分けたところ、友人の数が少ない人は、友人のグループが多い人ほど、研究でより大きな個人的成長と満足感を体験できない傾向があることが示されました.

大学2年次(2020年4月入学)の学生の39.6%が、大学1年までに「成長感がない」と答えています。 他の学年の学生と比較すると、これは2016年の調査結果から大幅に減少しました。

2020年4月は、パンデミックの発生後に緊急事態宣言が発令された時期でした。 この学年、生徒たちは突如、外出禁止、人との接触を極力避ける、入学式を中止する、遠隔授業を受講する、できないなど、キャンパス内でのまったく異なる生活に直面しなければなりませんでした。 クラブ活動を行います。

ベニス氏は「大学は2020年に大学に入学する学生を対象に、こうした若者がどのように社会に送り出され、社会がどのように受け入れられるかについて、支援策を検討し実施することが急務である」と指摘しています。

(バナー写真©Pixta.)

大学
友達
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)

READ  マンチェスター・ユナイテッドのスターが試合に出場できなかった後、ガレス・サウスゲートがルーク・ショーに最新情報を伝えた