Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の研究チームは、遺伝子編集技術によって30%甘いトマトを生産しています

名古屋大学の研究チームは、通常より30%甘いトマトが遺伝子編集技術を使用して生産されたと発表しました。 チームは植物生理学の専門家である白滝勝弘准教授が率い、その結果は国際科学誌ScientificReportsに掲載されました。

甘いトマトは収穫量が少ないために高価になる傾向があり、白武はそのようなトマトがハッキングによって消費者にとってより手頃な価格になると信じています。

チームは、光合成によって生成された糖が植物の葉から果実に輸送されるトマトの甘味プロセスに関与する遺伝子であるインベルターゼ阻害剤の修飾に焦点を合わせました。 遺伝子を改変することにより、チームは従来の方法でトマトを栽培することができ、通常と同じサイズの果実が得られました。

阻害剤が遺伝子編集技術によって分解されると、より多くの糖が果実に蓄積し、糖含有量はブリックススケールで5から6.5に約30%上昇します。

糖分が多い従来のトマトは、成長中に与える水分量を大幅に減らすなど、高度な栽培技術が必要であり、通常のトマトの半分以下の大きさになります。

の記事全文を読む www.the-japan-news.com。

READ  サガフロンティアリマスターレビュー(Switch eShop)