Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の研究者は月と火星の人工重力の構造を明らかにしました

何年にもわたって、月と火星の住みやすい生息地の計画は行ったり来たりしました。 そして、これらの潜在的な計画はすべて数十年先にあるかもしれませんが、日本はおそらくそれらすべての中で最良の提案を私たちに与えてくれました。

この巨大な高さ1,300フィートの構造物は、「ガラス」と呼ばれています。 上記のプレゼンテーションは、京都大学の研究者と東京に本拠を置く建設会社である鹿島建設が開催した7月5日の記者会見で行われました。 遠心力で20秒ごとに回転して「自然重力」を実現する設計で、地球の生活を本質的に復元する「人工重力の生活施設」をつくります。

「他国の宇宙開発計画にはそのような計画はない」と京都大学人間宇宙科学センターの山下裕介所長は7月15日に報道機関に保証した。 朝日新聞

プロジェクトがあなたの人生で完全に実現されるのを見ることについてあなたの期待を抱かないでください。 朝日新聞 「ガラス」の簡略版が2050年までに月に出る可能性はありますが、大規模な構造を構築する計画には100年近くかかると報告されています。

チームは、月用の「Lunar Glass」と火星用の「MarsGlass」という、2つの別々の施設を建設することを目指しています。 研究者によると、宇宙旅行の人気が高まるにつれ、「低重力による月や火星に住む人々の健康への影響を減らす」方法があるはずだという考えです。 朝日新聞 レポート。

NASAの研究 そしてその 他の研究者 彼らは、無重力状態が一定であり、さまざまな重力場を通過すると、骨量の減少、腰痛、腎臓結石を引き起こす可能性があることを発見しました。 しかし、京都と陰間合同チーム 彼女はプレスリリースで示した 「低重力の探求は、成人の体の保存と、子供の誕生と発達への影響に限定されています。」

「TheGlass」施設の追加計画には、「ヘキサゴンスペースパスシステム」と呼ばれる輸送システムとともに、地球の生物多様性を模倣する森林とウォーターフロントが含まれます。 朝日新聞 レポート。 研究者によると、この惑星間宇宙列車は、地球、月、火星の間を移動するときに、独自の重力を生成します。

鹿島建設の建築家兼研究者である小野拓哉氏はプレスリリースで、「京都大学による人工重力を利用した住宅施設の開発は、宇宙研究の分岐点となるだろう」と述べた。 「私たちは、この共同研究を人類にとって意味のあるものにするために努力します。」

READ  アイオワ州の 7 日間の COVID-19 陽性率が 2% に低下