Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の秋田県 CEOの平均年齢は5年連続で最高齢を記録

日本の秋田県 CEOの平均年齢は5年連続で最高齢を記録





このファイル写真は帝国データバンク株式会社のご提供です。 (毎日) ロゴを表示。

秋田発-秋田県に本社を置く企業のCEOの平均年齢が62.4歳に達し、5年連続で47都道府県の中で最高齢となった。

東京に拠点を置く市場調査会社帝国データバンクは、2022年12月時点の日本全国の企業の年齢データを分析した。 この問題に詳しいエコノミストは「社長の高齢化や事業引き継ぎの遅れで経営が危機に瀕している。今後、停滞はさらに強まるだろう」と警告する。

秋田県の企業リーダーの平均年齢は、2000年の平均56.3歳より6.1歳高く、全国平均の60.4歳より2歳高い。 隣県の岩手県と青森県はそれぞれ62.3点と62.1点で2位と3位となった。 日本の東北地方の残りの県である宮城県、山形県、福島県はいずれも平均年齢が60歳を超えている。

中部日本の三重県は6年連続で、企業リーダーの平均年齢が59.1歳で最も若かった。 全州の平均は1年前より上昇しているが、成長企業が多い大都市圏は依然として若い規模にとどまっている。

年齢別にみると、秋田県の経営者の25%が70歳未満、80歳以上が5.4%であるのに対し、40歳未満は2.3%にとどまる。 専門的に見て、不動産会社のリーダーの平均年齢が最も高いのは65.3歳です。

帝国データバンク秋田支店長の西耕一郎氏は「県外勤務の親族が秋田に戻ることを嫌がったり、人材不足などの理由で社長の平均年齢は上昇し続けている」と話す。県内に残る企業や若者の数は少なく、自ら起業する人も少ないため、急遽事業を引き継ぐことは難しく、万が一のことがあれば悪影響を及ぼすだけでなく、会社だけでなく、ステークホルダーにも影響を及ぼします。」 企業に対策を立てるよう呼び掛けた。

【具藤章】

READ  ホルコム知事、3回目となる日本経済開発訪問を完了