Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の科学者は実験室で育てられた真空牛肉に対する食欲を発達させます

東京、10月8日(日本の有名な真空牛肉、最高のレストランのいくつかは1ポンドあたり200ドル以上かかります。

日本の科学者たちは、実験室で脂肪交雑で有名な真空を作り、最終的には本物のステーキのような見た目と味わいを作り出しました。

和牛は、西日本の神戸地方で非常に人気のある黒牛の品種です。

松崎道亜氏が率いる大阪大学の研究者は、3Dバイオプリンターとボーエン幹細胞を使用して、切り刻まれた形で育てられた肉の他の試みを分類するのではなく、真空の特徴的なエッジを固体のステーキのような部分に反映しました。

現在、1立方センチメートルの培養肉を生産するのに約3〜4週間かかるため、食料品店の準備はまだ整っていません。 しかし、技術とパフォーマンスが向上するにつれて、この方法は本物を反映したものを作り出すことができると松崎氏は語った。

松崎氏はロイター通信に対し、「少数の細胞から大量の肉を迅速に生産できれば、将来的には食糧やタンパク質の不足の問題に対応できる可能性が高くなる」と語った。

食肉産業を取り巻く環境的および倫理的懸念は、野菜の代替品および実験室で栽培された製品の可能性への関心を引き起こしました。 これは、100億ドルの公開リストを準備している植物ベースのハンバーガーメーカーであるImpossible Foods Inc.を含む、本物の肉加工業者の開発者の間で力強い成長に拍車をかけました。 続きを読む

松崎氏は、彼の研究室で開発されたバイオプリンティングと文化的技術は、損傷した筋肉の代替として成長するなど、人間医学にも応用できる可能性があると述べた。

実験室で育てた真空を1グラム製造するのに現在約1万円(89.40ドル)かかるが、自動化が進むと価格が下がる可能性があり、5年以内に一般に販売されると松崎氏は語った。

(1ドル= 111.8600円)

村山理子子とドモシケアキラによる報告。 ロッキー・スウィフトは東京で書いた。 スーザンフェントンによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  日本で孤立したバスターズのショッピング データを示す