Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の第1四半期の企業設備投資は、メーカー主導で3%増加しました

2020年6月24日、日本の東京のビジネス地区で、コロナウイルス病(COVID-19)が蔓延する中、保護フェイスマスクを着用したビジネスマンが歩行者用橋を歩きます。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

  • 第1四半期の設備投資+前年比3.0%、季節調整済み+ 0.3%q / q / q
  • メーカーの設備投資+年間5.9%、サービス部門+ 1.6%
  • 通常の企業の第1四半期の利益+13.7%/年、売上高+ 7.9%/年/年
  • 一部のアナリストは、資本的支出データがGDPの下方修正を引き起こしていると主張している

東京(ロイター)-日本企業は1月から3月の期間に4四半期連続で設備投資を増やし、COVIDのパンデミックとウクライナでの戦争に対する不確実性にもかかわらず、製造業者が主導する事業投資の回復力を強調した。

企業の事業支出は、需要主導の国内景気回復を支援するために、現金が豊富な日本企業にプラントや設備への投資を急増させることに依存している政策立案者の期待を高める可能性があります。

財務省のデータによると、水曜日の第1四半期の設備投資は、第4四半期に4.3%増加した後、昨年の同時期に比べて3.0%増加しました。 輸送機器メーカーは新技術への投資により利益を牽引し、金属生産者は生産能力を増強する必要性に直面しました。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

この測定値は、来週の水曜日に予定されている修正GDP数の計算に使用されます。 一部のエコノミストは、下方修正を期待しています。

ノリンチュキン研究所のチーフエコノミスト、南武氏は、「特に旺盛な需要に牽引された製造業の設備投資は横ばいであったが、サービス部門はパンデミックから脱却している。そのため、GDPの上方修正を引き起こすほど強力ではなかった」と述べた。

「日本人がコロナウイルスと国境管理で生きるという考えに慣れるにつれて、サービス部門の活動とインバウンド観光が回復し、今後の設備投資とより広い経済の段階的な回復を助けます。」

予備データによると、コロナウイルスによる規制、供給の混乱、原材料の高騰が消費に影響を及ぼしたため、世界第3位の経済は今年の第1四半期に1.0%縮小しました。 経済は昨年、4分の2の縮小を記録し、脆弱な回復を強調した。

多くのエコノミストは、ウクライナの危機とコロナウイルス感染の再発のリスクにより、V字型の回復の見通しが薄れているにもかかわらず、経済が今後数四半期で成長に戻ることを期待しています。

セクター別では、財務省のデータによると、メーカーの商業支出は前年比5.9%改善し、パンデミック前のレベルに近づきました。一方、非メーカーは1.6%上昇し、COVID以前のレベルを下回っています。

1〜3月の企業経常利益は前年同期比13.7%増の22.8兆円(1,770億ドル)となり、第1四半期の記録的な金額となり、売上高は7.9%増となった。

財務省当局者は、「売上高と利益は増加したが、供給の制約と原材料価格の高騰により、自動車と電気機械の分野で弱さが見られた」と述べた。

「回復は変動し、作業のサイズと種類によって異なります。」

財務省のデータによると、1月から3月の第1四半期の設備投資は、季節調整済みベースで過去3か月と比較して0.3%増加しました。

(ドル= 129.1300円)

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

梶本哲史が報告します。 キム・クーグルとケネス・マクスウェルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  米国の第1四半期の経済成長レポートが発表される前に、世界の株式取引は減少しました。