Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の第1四半期GDP改定値は、設備投資が引き上げられた際に最初に報告されたよりも減少幅が縮小した

日本の第1四半期GDP改定値は、設備投資が引き上げられた際に最初に報告されたよりも減少幅が縮小した

梶本哲史著

東京(ロイター) – 金曜日のロイター調査によると、日本経済は設備投資数値の増加により、1─3月期に当初報告されていたよりも若干緩や​​かなペースで縮小する可能性が高いが、依然としてリスクが影を潜めている…期待。

エコノミストらは、減税や賃金上昇に支えられ、今四半期は成長が回復すると予想しているが、円安による輸入コストの上昇が消費を圧迫するとみられるほか、混乱が一部の自動車メーカーにも影響を与える可能性が高い。

月曜日に発表された内閣府のデータは、第1四半期のGDP縮小ペースが前年同期比1.9%に縮小し、最初に報告された2.0%縮小よりもわずかに改善したことを示すと予想されている。

改定後の数字は四半期ベースで0.5%の縮小となり、当初の数値から変化はない。

GDP改定値では、民需の指標である設備投資が第1四半期に0.7%減と、当初予想の0.8%減からわずかに上方修正されることが予想されており、GDP上方修正の重要な要素となる。

暫定データによると、円安による生活費の上昇が家計を圧迫し、日本経済の半分以上を占める個人消費が第1・四半期に0.7%減少した。

輸出から輸入を引いた外需はGDP総額から0.3%ポイント減少した。

6月12日に日本銀行が発表した別のデータによると、企業が相互に請求する財の価格を測定する企業物価指数は、5月に年率2.0%上昇、5月には0.4%上昇する可能性が高いと予想されている。毎月。 月に。

(この記事は、見出しのタイプミスを修正し、データがレビューされたことを明確にするために書き直されました)

READ  デビッド Y イギー | DBEDT ニュースリリース: 2022 年 9 月 総来場者数は 2019 年レベルの 95.5% に達しました