Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の第3四半期GDPは、消費の落ち込みにより当初の予想よりも早く減少した

日本の第3四半期GDPは、消費の落ち込みにより当初の予想よりも早く減少した

  • 第 3 四半期の GDP は、当初の予測値 -2.1% に対し、前年比 -2.9% に修正されました。
  • 減価償却費 -0.2%、見直し後設備投資 -0.4%
  • 10月の実質賃金は-2.3%、家計支出は-2.5%

東京(ロイター) – 家計部門がますます逆風に直面し、緩和的な金融政策を段階的に解除する中央銀行の取り組みを複雑にする中、日本経済は第3・四半期に当初の予想よりも早く縮小したことが金曜日の改定データで示された。

消費者支出と企業支出が縮小し、第3・四半期のGDP減少につながった。 別のデータによると、インフレの長期化で買い物客の購買意欲がそがれ、実質賃金と家計支出が10月も引き続き減少した。

大和証券のエコノミスト、鈴木宏太氏は「実質可処分所得の減少が続くとみられ、個人消費の弱さは当面続くだろう。これが消費減速の要因とみられている」と述べた。

内閣府の改定データによると、7─9月期の経済成長率は前年比2.9%減となり、従来予想の2.1%減や市場予想の2.0%減を上回った。

日本の第3四半期GDPは当初予想よりも早く減少した

2023年10月31日、東京の日本銀行本店外にある日本銀行の看板の前を歩く男性。ロイター/キム・ギョンフン/ファイル写真 ライセンス権の取得

設備投資は、当初の0.6%減、市場平均予想の0.5%減に対し、0.4%減となった。

経済の半分以上を占める個人消費は、当初予想ではほぼ横ばいだったのに対し、7─9月期は0.2%減少した。

サービス輸入が自動車輸出を上回ったため、外需は実質GDP比0.1%ポイント縮小し、速報値と一致した。

労働省によると、別のデータによると、10月のインフレ調整後の実質賃金は前年同月比2.3%減となり、19カ月連続の減少となったが、9月の2.9%減よりは鈍化したという。

名目給与は1.5%上昇したが、3%を超えるインフレにより、消費者の購買力の指標とされる実質ベースでの賃金の伸びが打ち消された。 内務省のデータによると、所得の低迷を受けて10月の家計支出は前年比2.5%減と、8カ月連続の減少となった。

日銀は、賃金上昇とともに持続可能な2%のインフレを実現するには金利を極めて低く維持する必要があると強調した。 上田和夫知事は木曜日、来年の賃金予測は物価が正しい軌道に乗っているかどうかを判断する上で極めて重要になると述べた。

(取材・杉山敏) 文=小宮貫太朗グラフィックはBasit Kongkunakornkoul氏によるもの。 サム・ホームズ編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  ナイジェリアは、iHatchのJICAパートナーであるNITDAとして日本との二国間関係を深める-TechEconomy.ng