Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の精製業者は、増大する公益事業の需要を満たすために、燃料油のサプライチェーンを粉々にしている

東京:日本の製油所は、世界的な発電燃料危機の中で、この冬、電力会社からより多くの燃料油を供給するように命令を受けた後、未使用の燃料油供給チェーンを粉々にし、沿岸船と貯蔵タンクを装備しています。

日本は昨年の冬、寒波の間にLNGの需要と価格が高騰したため、停電をかろうじて回避しました。今年は、ヨーロッパとアジアでの強力な使用と補充が供給を押し下げ、過去最高に近い価格をサポートするため、状況は厳しくなる可能性があります。

2011年の福島第一原子力発電所事故後初めてガス不足が発生した場合、主に船舶の動力源である高汚染燃料油が主力となっています。

国内最大の精製業者であるイネオスホールディングスと出光興産は、ピーク需要シーズンに十分な電力供給を確保するために、この冬、電力会社からの燃料油需要が高まっていると幹部は語った。

出光興産の圭人俊一社長は、「いくつかの施設から、今年の1月と2月に出荷した燃料油の量を2倍にするよう要請を受けた」と述べた。

この動きは、政府がこの冬の電力供給が10年で最低になる可能性があると警告し、潜在的なエネルギー危機を回避するために十分な燃料を確保するようエネルギー会社に要求した後に起こります。

日本、韓国、中国北部で気温が通常より低くなった最近の寒波は、冬が近づくにつれて気象パターンが徐々に寒くなることについて電力会社に警鐘を鳴らしています。

ファクトグローバルエナジー(FGE)のフェリドゥンフィッシャーキー社長は、かつての精製大国であった日本は、近年、廃止された燃料生産能力を大幅に削減したため、可能な限り多くの燃料油を生産する能力が不足している可能性があると述べた。 。

「原子力発電所に問題があれば、日本経済を救うために前回のように燃料油を動かすことはできない」とフィッシャーキー氏は10年前の福島後の電力供給争奪戦に言及して述べた。

昨年の冬、氷点下の状況がこの地域を襲い、日本の電気料金が世界記録に達したため、日本のLNGユーザーは厳しい市場で中国や韓国のバイヤーと必死に競争しました。

鬼頭氏によると、日本の電力会社も当時、石油火力発電所の稼働率を上げるために燃料油を増やすことを目指していたが、製油所は需要の増加を吸収するのに苦労していた。

「突然の要望があり、沿岸船などの手配に時間がかかったので、早急に準備を進めています」と語った。

出光のスポークスマンは、燃料油の生産と船のスケジュールを引き上げていると述べた。

石油は、原子炉を停止し、日本に化石燃料の輸入を余儀なくされた福島第一原発事故の翌年の2012年の18.3%から、2019年の公益事業で使用される燃料の2.6%を占めました。

日本は1970年代に石油火力発電所に大きく依存し、HFOが精製製品の需要の約半分を占めていました。

しかし、日本がエネルギー安全保障を強化し、コストを削減するために燃料源を石炭、液化天然ガス、原子力に多様化したため、2019年までにそれは5%未満に低下しました。

「燃料油の需要が減少したため、電力会社との関係は弱まりましたが、今冬、関係を維持している関係者から多くの問い合わせがありました」と、ENEOSの太田勝幸社長は述べています。

Eneosは、日本における精製製品の市場シェアの約50%を占めています。

石油資源開発(PAJ)の長は先月、電力会社が高価なLNGからの切り替えを試みる際に、精製業者に燃料油の追加供給を要求したと述べた。

北海道電力や関西電力などの日本の電力会社は、この冬の予想電力需要を満たすのに十分な燃料供給を手配したと述べています。

四国電力の広報担当者は、「冬が近づくにつれ、燃料在庫を増やしている」と語った。

(大林由香による報告、アーロン・シェルドレイクによる追加報告、マイケル・ペリーによる編集)

READ  40年前、インドはこの小さな車でロードトリップを始めました