Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の経済団体、李氏との協議で中国の水産物禁止の撤回を目指す

日本の経済団体、李氏との協議で中国の水産物禁止の撤回を目指す





中国の李強首相(前列中央)と記念撮影する日本経済団体連合会の戸倉正和会長(前列左)と日中経済協会の進藤公生会長(前列右)を含む日本の経済界代表団のメンバーら2024年1月25日、北京の人民大会堂(プールにて写真)(共同通信)

北京(共同)-参加者らによると、日本の経済界代表団は木曜日の中国の李強首相との会談で、中国による日本からの水産物輸入禁止措置の解除を求めたが、この要求に対して明確な回答は得られなかった。

しかし、李氏は北京の人民大会堂で開催された200人のビジネス代表団との会談で、アジアの隣国両国間の協力深化を呼び掛けた。

機能不全に陥った福島原発から放射性物質を処理した水が海に漏洩したことを受けて、魚介類の輸入が禁止されている。

経団連として知られる日本最大の貿易ロビーである日本経済団体連合会の代表を含む日本の団体も、中国に対して透明性のある方法で反スパイ法を施行し、貿易協定の一環として米国との緊張関係の改善を目指すよう求めた。中国への提案。 首相。

報道陣に公開された会談の冒頭、李氏は中日関係が「過去の遺産を継承し、未来を切り開く決定的な段階を迎えている」と述べた。 経団連の戸倉正和会長は、両国が「さまざまなレベルで緊密な意思疎通を継続」することに期待を示した。

住友化学社長でもある戸倉氏と日中経済協会会長の新日本製鉄社長が昨年3月に首相に就任した李氏と会談するのは初めて。

経団連会長は会合後記者団に対し、李氏は中国で事業を展開する外資系企業の労働条件を改善すると約束したと述べた。

中国外務省の汪文斌報道官は、中国と日本の経済は「深く補完し合っている」と述べ、技術革新、デジタル経済、グリーン開発、高齢者ケアなどの分野で日本政府との協力を強化し、供給の安定性を共同で維持する用意があると表明した。鎖。 彼は言った。

王氏は李氏の発言を引用し、中国はアジアの大国への「日本やその他の国の企業が投資を続けることを歓迎している」と述べた。

日本の経済界代表団は書面による勧告の中で、中国政府の水産物輸入禁止措置が「中国に対する日本の国民感情を記録的な低水準に低下させ、日本企業が中国への投資を控える傾向を生み出した」と指摘した。

貿易使節団は中国に対し、福島原発の放水に関する「日本の科学に基づいた説明を信頼」し、「二国間関係の維持・発展に向けて積極的に取り組む」よう求めた。

中国政府は昨年8月に始まった海水排水プロセスに強く反対しており、その海水は「核汚染された」ものだと述べている。

アステラス製薬従業員の逮捕を受けて、日本企業も中国で従業員へのリスク増大に直面している。 同氏は昨年3月に北京でスパイ容疑で逮捕され、7月に施行された厳しい反スパイ法に伴って逮捕された。

同団体は、多くの日本国民がスパイ防止法改正案に「不信感と懸念」を抱いているとし、日本企業が安心して中国で事業を展開できるよう、同法について中国側にさらなる説明を求めた。

中国と米国間の競争の激化について、代表団は、それが世界に「混乱と分断」をもたらしていると述べ、中国政府に対し、米国とのより良い未来志向の関係を模索するよう求めた。

日本のビジネスリーダーらはまた、中国への出張を促進するために日本人短期滞在者のビザ要件を免除するという新型コロナウイルス感染症以前の一方的な慣例を復活させるよう中国政府に要請しているが、李首相は、両国が協力すれば中国は再開に向けて努力すると述べたばかりだ。 . 「それについても同様に「足踏み」しています。

日本の使節団は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる中断を経て、2019年9月以来初めて中国を訪問する。 このグループは1975年以来ほぼ毎年中国を訪問していたが、公衆衛生上の危機のために中止した。

水曜日、日本の経済界の代表者らは中国国家発展改革委員会の高官と会談し、脱炭素化の取り組みと高齢化社会への対応における両国の協力を呼び掛けた。

中国高官は日本企業に対し、世界のサプライチェーンから中国を排除する米国主導の動きに参加しないよう勧告した。

READ  日本とグアテマラは、国際システムを支援する上での協力を確認する