Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の経済学者は、韓国はさまざまな経済指標ですでに日本を上回っていると言います

日本の経済学者野口悠紀夫の玄大ビジネスのコラム


日本の経済学者野口悠紀夫は最新のコラムで、韓国はさまざまな経済指標ですでに日本を上回っており、韓国の一人当たりGDPは20年後には日本の2倍になると述べた。

彼によると、韓国と日本は1990年代の経済危機への対応が異なり、この違いにより韓国は日本よりも豊かになっています。

OECDのデータによると、2020年の日本と韓国の平均賃金はそれぞれ38,515ドルと41,960ドルでした。 スイスの国際経営開発研究所は最近、今年の韓国と日本の国際競争力ランキングがそれぞれ23位と31位であると発表しました。 デジタル技術の競争力に関しては、2つのランキングは28位と27位にランクされています。

世界のトップ100市場のリストでは、Samsung Electronicsが韓国の最高企業として14位にランクされ、トヨタが日本の企業の最高位として36位にランクされました。 世界のトップ100の大学には、それぞれ6つと5つの韓国と日本の大学が含まれています。

エコノミストは、「昨年、日本の一人当たりGDPは40.146ドル、韓国は31,496ドルだった」と述べ、「しかし、後者は2000年から2020年にかけて2.56倍に増加し、前者のGDPは1.02倍に増加した。 、2つの間のギャップは2000年から2020年にかけて69%から22%に減少しました。」

「韓国は近い将来日本を追い越し、両者の差は拡大し続けるだろう」と彼は付け加えた。

READ  日本の省庁の予算要求は22/23会計年度で1兆ドルを超える