Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の経済生産高がほぼ4年ぶりに生産能力を上回った

日本の経済生産高がほぼ4年ぶりに生産能力を上回った

東京:政府の推計によると、日本の経済生産は4月と6月にほぼ4年ぶりにフルキャパシティを超え、超低金利政策を終了する条件が整っている可能性があることが示唆された。

金曜の推計によると、経済の実際の生産量と潜在的な生産量の差を示す需給ギャップは0.4%増加し、15四半期ぶりの増加となった。

岸田文雄首相は、データは重要であると述べたが、増加幅はまだ小さく、この傾向を維持できるかどうかが鍵であると付け加えた。

同氏は記者団に対し「経済が感染症を克服して新たな段階に移行できるかどうか、われわれは重大な段階にある」と語った。 「新たな経済対策の検討を急ぎたい」。

プラスの需給ギャップは、賃金上昇率や物価期待とともに、日銀がインフレ促進要因として特定した要因の一つである。

日本におけるウイルス対策規制の解除と危機中に蓄積された貯蓄の支出は、通常は価格上昇圧力となる消費者需要の高まりを支えた。

みずほ証券のエコノミスト、片木良介氏は、需給ギャップ統計には力強さが欠けているものの、事態は「正しい方向に進んでいる」と述べた。

同氏は「政府がデフレ脱却を発表し、日銀が大規模な金融刺激策から脱却するには時間がかかるだろう」と付け加えた。

READ  日本は企業の楽観的な見方とインフレ低下により経済見通しを維持