Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の美馬イドが卓球シングルス準決勝に進出、石川が退場

日本のスター、伊藤美誠は水曜日の東京オリンピックで2度目の卓球金メダルを獲得しました。

東京体育館では、20歳の伊藤が韓国の田志希を11-5、11-1、12-10、11-6でストレートセットで破ったが、シンガポールのユ・モンユの石川佳純同志に敗れた。

日本のイドミマ(赤)は、2021年7月28日に東京体育館で開催された東京オリンピックの女子卓球シングルス準々決勝で韓国のチョンジヒを演じています。 (京都)

「動きが良く、ボールに乗っていた。自分にできると思っていたことができた」と伊藤は語った。 「私は毎日楽しくプレーしています。明日(木曜日)にプレーするのを楽しんで、勝ち続けています。」

3番目にシードされた伊藤は最後の4つで中国のSunYingzhouに直面するでしょう。 セカンドシードのサンは準決勝に進出し、ドイツのハンインを11-8、11-3、11-8、11-6で破った。

月曜日の混合ダブルス決勝でスリル満点のカムバックを果たした後、伊藤は三谷淳と合併し、日本初のオリンピック金メダルを獲得した。

前回の女子シングルス準々決勝では、石川が8-11、11-5、14-12、11-6、11-2で下落した。

日本の石川佳純(赤)は、2021年7月28日に東京オリンピックで開催された東京体育館の女子卓球シングルストーナメントの準々決勝に出場します。 (京都)

シンガポールは、国際試合でユエとの初リードを7-3で記録し、準々決勝に進出したものの、石川を破るのに苦労し、水曜日の試合も例外ではありませんでした。

2度のオリンピックチームメダリストである石川は、オープニングマッチで優勝し、良いスタートを切った。

しかし、3試合目からはゆうに有利になり、石川が戻ってくることはできなかった。

「このショーから私が下すことができる前向きな決定はありません。競争のこの段階での失敗は本当です」と5年前のリオ五輪での開幕戦を後悔した石川は言いました。 メダル受領者の1人。

山口出身の山口選手は、「チーム大会への再統合を試み、何も見逃さないようにしなければならない」と語った。


関連する報道:

オリンピック:日本の卓球のティーンスター、張本智和が東京を離れて驚いた

オリンピック:水谷がイド卓球混合ダブルスで歴史的な金メダルを獲得


READ  日本は2020年3月以来10,000人以上のCOVID-19労働者の補償訴訟を承認しました