Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の老朽化した原子力発電所は、少なくとも 10 年に 1 回検査される可能性があります

日本の当局者は水曜日、30 年以上経過した原子力発電所は、少なくとも 10 年に 1 回は運転を継続するために安全承認が必要であると提案した。

原子力規制委員会の提案は、政府が原子炉の運用寿命を最大 60 年に制限する規則を廃止しようとしているときに出されたものです。

日本の原子力規制委員会は、2022 年 11 月 2 日に東京で会合を開く。 (京都)

規制当局は、提案された強制的な安全性試験は、60 年以上使用されている原子炉にも適用されると述べた。

安全性が確保されれば、日本は米国のように原子力発電所を 80 年間稼働させることができる。

岸田文夫首相は8月、炭素排出量を削減し、安定した電力供給を確保するために、日本は可能な限り厳しい安全基準を満たす原子炉を使用すると述べた.

2011 年の福島原発事故後に導入された現在の基準では、日本は原子炉の耐用年数を原則として 40 年に制限しています。

ただし、規制当局の承認を得れば、40 年の期間を 20 年まで延長することができます。

政府は原子力発電への依存度を高めたいと考えているため、安全性レビューのためにプラントが停止する時間が 30 年に満たないことを望んでいます。

しかし、規制当局は、セキュリティ スクリーニングが実施されている場合でも、オフライン時間をデバイスの寿命に考慮する必要があると述べています。

廃止された原子炉の再稼働を政府が推進しているにもかかわらず、2011 年 3 月 11 日の巨大な地震と津波によって引き起こされた原子力危機の後、原子力の安全性に対する国民の懸念は国内に根強く残っています。

READ  世界25カ国以上に輸出された明るい日本の靴下「アヴァサッ​​ク」のアンバサダーに任命された有名なフランスのサメリエ!