Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の臓器提供コーディネーターにアンケートの実施を依頼した。 保健省は7月に行方不明の臓器に関する報告を求めている

日本の臓器提供コーディネーターにアンケートの実施を依頼した。 保健省は7月に行方不明の臓器に関する報告を求めている


読売新聞資料写真
東京都厚生労働省

移植病院が人手不足などを理由に臓器の受け入れを行っていないことが判明したことを受け、保健省は臓器提供の国家仲介機関に実態調査を依頼した。

日本臓器移植ネットワーク(JOT)は、脳死ドナーからの臓器がどのように、またなぜ拒否されるのかについて7月中に報告書を提出するよう求められている。 厚生労働省は調査結果を踏まえて対策を講じる方針だ。

同省移植医療局によると、この調査は、2023年以降JOTを通じて提供された心臓、肺、肝臓、膵臓、小腸、腎臓の6種類の臓器に関する症例を対象とする。提供された臓器の数は過去最高となる132件となった。この全体では火曜日の時点で50の臓器が提供された。

同省は30日の参院厚生労働委員会で、寄付の記録を保管しているJOTを通じて状況を確認すると述べた。 JOT が拒否された寄付金の数とその理由を同省に通知するシステムはない。

これまで関係学会が個別に調査を行ってきたが、対象となったのは東京大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院、東北大学病院など一部の医療機関と心臓移植施設だけだった。 同省が実施する調査はすべてのケースを包括的にカバーする予定で、寄付がどのように拒否されるのかを包括的に把握するのに役立つだろう。

政府関係者は「調査結果を議会に提出するかどうかはまだ協議中で、結果をどのように公表するかはまだ決まっていない」と述べた。

この問題は1月1日の読売新聞の報道で明らかになり、日本臓器移植学会が緊急調査を実施した。 この調査では、2023年に東京大学病院、京都大学病院、東北大学病院で、肺36件、肝臓16件、心臓10件の62件の臓器提供が拒否されたことが判明した。

日本心臓移植学会が独自に調査したところ、2023年に東京大学医学部附属病院と国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)で計16件の心臓の提供が拒否されることが判明した。

日本臨床腎移植学会と日本膵臓・膵島移植学会が調査を実施する予定だ。

関連団体や専門家は臓器移植施設の数を増やし、待機リストにある患者が臓器移植を受けられる2つの施設に登録できるようにするよう求めている。

READ  バイデンは共和党指導者の努力にもかかわらず、世界エイズデーにトランプとブッシュを軽蔑している