Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の自動車メーカー、ホンダ、売上増加と円安により好業績を報告 – ビジネスニュース

日本の自動車メーカー、ホンダ、売上増加と円安により好業績を報告 – ビジネスニュース

ホンダの利益は右肩上がりだ

梶山有里、AP通信 – | ストーリー: 486706

日本の自動車メーカーは金曜日、自動車販売の伸びと円安が海外利益を押し上げたため、ホンダの3月までの会計年度利益が70%増加したと発表した。

東京に本拠を置くホンダ自動車の年間利益は合計1兆1000億円(70億ドル)で、売上高は21%近く増加して204億円(1億3100万ドル)となった。

中国での販売不振は米国市場での堅調な需要によって相殺された。

ホンダの世界販売台数は前年の230万台に対し280万台を超え、日本、米国、欧州で販売が増加した。

アコード セダンと CR エレクトリック プロト バイクのメーカーである同社は今会計年度についてあまり楽観的ではなく、研究開発費が 1 兆 2,000 億ドル近くに増加すると見込まれているため、利益は 10% 近く減って 1 兆円 (64 億ドル) になると予想していました。 9,640億円から77億ドルへ。

日本の自動車メーカー各社は、世界的な電気自動車への移行を踏まえ、円安の恩恵で得た最近の利益を将来への投資に充て、研究開発に投資している。

米ドルは155円付近で取引されており、1年前の130円の水準から上昇している。

先に決算を発表したホンダの日本のライバル、トヨタ自動車と日産自動車は大幅な増益を記録したが、研究への投資も認めた。

ホンダの目部敏弘最高経営責任者(CEO)は記者団に対し、最近の好調な収益にもかかわらず、同社には「電動化に関する不確実性による懸念」があると語った。

日本の自動車メーカーは、ガソリンエンジンと電気モーターを備えた従来のガソリン車やハイブリッド車で大きな成功を収めてきました。

しかし、バッテリー駆動の電気自動車への移行では、中国のBYDやアメリカのテスラなどの競合他社に遅れをとっていた。

ホンダは、今年度を将来の成長を確実にするための電動化の重要な年にすると述べた。 同氏は、戦略の概要は来週発表されると付け加えた。

READ  日本経済は第4・四半期に成長に戻る見通しだが依然として脆弱-ロイター調査