Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の自動車メーカー、ホンダは儲かる米国と中国市場への参入を目指し、電気自動車の生産拡大に取り組んでいる – 今日の記事 – News.tn

日本の自動車メーカー、ホンダは儲かる米国と中国市場への参入を目指し、電気自動車の生産拡大に取り組んでいる – 今日の記事 – News.tn

日本の自動車メーカー、ホンダ 同社は木曜日、電気自動車への取り組みを再確認し、米国や中国を含む世界中で電気自動車モデルを導入するために2031会計年度までに10兆円(650億ドル)を投資すると発表した。

「ホンダは、オートバイや乗用車などの超小型モビリティ製品の分野において、電気自動車が最も効果的なソリューションであるという信念を変えていない」と東京に本拠を置く同社は声明で述べた。

2030年までに、電池式電気自動車と燃料電池式電気自動車がホンダの世界自動車販売の40%を占め、世界の電気自動車生産能力は200万台を超える見込みです。

ホンダの電気自動車戦略の重要な部分である、いわゆる「0シリーズ」は、「ゼロから」生み出される全く新しい電気自動車シリーズになると、CEOの目部敏宏氏がオンラインプレゼンテーションで記者団に語った。

0シリーズは2026年に北米で発売され、その後世界中で展開され、2030年までに7モデルが発売される予定である。中国では、ホンダは2027年までに10のEVモデルを提供し、2035年までに中国での車両販売の100%がEVになる予定である。 。

「私たちは持続可能性の目標を達成するために、誰かが対処してくれるのを待つのではなく、ライフスタイルの変化の最前線に立つつもりです」とミービー氏は記者団に語った。

一部の市場では電気自動車の勢いが鈍るとの話もあるが、アキュラやシビックのセダンやゴールドウィングの二輪車を製造するホンダによると、電気自動車への動きは長期的には引き続き強く、2020年代後半には主流になるという。

バッテリーと燃料電池の電気自動車を追求するというホンダの決意は、地元のライバルであるトヨタ自動車がハイブリッド車やエンジンを搭載した他のモデルに焦点を当てた、より多様化した、あるいは「マルチ」なアプローチとは対照的であるように見える。

メービー氏は、ホンダは事故防止を目的として電気自動車の増産、バッテリー生産の強化、薄型化に取り組んでおり、ハイブリッド車をラインナップに加え続けていると述べた。

同事業への10兆円(650億ドル)の投資のうち、約2兆円(130億ドル)がソフトウェアの研究開発に割り当てられ、さらに2兆円(130億ドル)が主要な電気自動車の包括的なバリューチェーンの構築に割り当てられる。米国、カナダ、日本などの市場。

同社によると、約6兆円(390億ドル)が、次世代電気自動車を生産する工場の建設、オートバイの電動化、電気自動車モデルの開発など、「ものづくり」、日本語で「ものづくりの芸術」に投じられる予定だという。

ミービー氏はホンダのさまざまなパートナーシップを強調した。 1つは、日本の競合会社である日産自動車との電気自動車とインテリジェント運転技術の開発に関連したものです。、今年初めに発表されました。

ホンダは水曜日、ハンドリングの向上と消費電力の低減に対する今後の需要に応えるため、将来の自動車向けのコンピューターチップとソフトウェアで協力する契約をIBMと締結したと発表した。

メービー氏は「電動化に向けた準備は着実に進んでいる」と述べた。

READ  人権、経済的結びつきが、2022年のオリンピックをボイコットするかどうかの決定を後押しする