Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の自動車メーカーは再びジャンプする準備をしています

「最終的には営業利益率5%に達することを望んでいます」と内田氏は語った。 「しかし、今日の2021会計年度が直面している差し迫った課題を考えると、半導体と商品価格の上昇による大きな影響があります。したがって、現時点では、営業利益も出てくると予想しています。」

対照的に、日産の日本の競合他社の多くは、1年間の大流行による工場の強制停止とサプライチェーンの混乱の後、迅速なオーバーホールのためにリロードされています。

グループのほとんどは先週、新しい会計年度の予測を発表しました。これは、運用上の問題を後回しにしているため、大きな反発を返すでしょう。

トヨタは現在、記録的な収益を見込んでおり、スバルは営業利益が2倍になると見込んでおり、三菱でさえ、会計年度の大幅な損失の後、再び黒字化する予定です。

トヨタはマイクロチップの供給を前倒しで進めており、現在の不足を大幅に減らしており、事業への影響は最小限であると見込んでいます。 トヨタのCFO、ケンタ・コーンは「大きな影響は予想されるか」と発表したが、リラックスできるとは思えない。

2022年3月期のトヨタの売上予測は控えめであり、供給途絶のリスクを考慮していると彼は語った。

それにもかかわらず、自動車メーカーは、今年度の世界販売台数が14%増加して870万台になると予測しています。 これにより、北米の販売台数は18%増の270万台、ヨーロッパの供給台数は15%増の110万台になりました。

トヨタは今年度の研究開発で過去最高の1兆1600億ドル(105億ドル)を確信しており、これは予想売上高の約3.9パーセントに相当します。 この増加は、トヨタの電化への意欲を大いに支えます。

トヨタは、世界売上高の改善により、今年度の営業利益が2.5兆ドル(226.9億ドル)に14%増加し、8.3%の高い営業利益率になると予測しています。 この目標を達成することで、トヨタは感染前の利益レベルに戻り、2016年3月期の過去最高の営業利益を達成することができます。

Revenue.0は、2019年3月31日に終了した会計年度で前例のない30.2兆ドル(2,740億7,000万ドル)である30.0兆ドル(2兆2,722億6,000万ドル)に達すると予想されています。

READ  日本の COVID-19 ワクチンは勢いを増す